モノシルで商品を選ぶと3,000円分安くなる!

GUM(ガム)
デンタルフロス[ワックス ふくらむタイプ]

4.01
サンスター ガム・デンタルフロス ワックス ふくらむタイプ 40m

GUM(ガム) デンタルフロス ワックス ふくらむタイプの評価

総合評価4.01
歯垢の取りやすさB使いやすさについてA
歯・歯茎への優しさS

GUM(ガム) デンタルフロス ワックス ふくらむタイプの特徴

  • ロールタイプロールタイプ
  • 大容量大容量
  • ワックスタイプワックスタイプ
  • 専用ケース付き専用ケース付き
糸の素材ナイロン
風味無味
商品情報
メーカー名サンスター株式会社
公式サイトhttps://jp.sunstargum.com/lineup/cleaner/floss/
内容量40m

GUM(ガム) デンタルフロス ワックス ふくらむタイプの良い点◎

やわらかフロスで素早く汚れを落とす

歯間や、歯と歯茎の間にフィットして、汚れを素早く落としてくれました◎

このフロスには、唾液に触れると膨らむ特殊な『ナイロンフロス』が使われているんです!

フロスが細すぎずやわらかいから、歯茎に当たっても痛くありませんよ♪

ワックス効果でスルッと入る

ワックスがフロスの表面についているので、歯と歯の間にスルッと簡単に入りました♪

滑りやすく、軽い力で歯間の掃除ができるので、歯と歯茎に負担がかかりません!

「デンタルフロスは歯茎を傷つけそうで怖い」といっていた編集部員も、苦手意識がなくなったようです♪

使いやすいコンパクトなケース

持ち歩きやすいコンパクトなケースには、軽い力でフロスをサクッと切れるカッターがついています♪

ケースの中央が半透明になっているから、残量も一目でわかるんです!

蓋には突起がついているので、爪が短い男性編集部員にも開けやすいと好評でした◎

GUM(ガム) デンタルフロス ワックス ふくらむタイプのココが気になる…

歯間がせまい人には不向きかも

唾液で膨らむフロスは、汚れを素早く落とせますが、少し歯間から取り出しにくいと感じました。

歯間がせまい人だと、フロスを取るときに歯が引っ張られ、少し痛いかも…。

そんなときは、同じシリーズの膨らまないタイプを選ぶと良いですよ◎

まとめ:GUM(ガム) デンタルフロス ワックス ふくらむタイプのおすすめポイント!

  • やわらかフロスで歯茎が痛くない◎
  • 軽い力で口腔ケアができる
  • 使い勝手が良い工夫されたケース
サンスター ガム・デンタルフロス ワックス ふくらむタイプ 40m

GUM(ガム)
GUM(ガム) デンタルフロス ワックス ふくらむタイプ

4.01