口コミ
投稿

デンタルフロスおすすめ人気ランキング20選!臭い・出血を防ぐ使い方も紹介!

デンタルフロスおすすめ人気ランキング17選!臭い・出血を防ぐ使い方も紹介!

自分に合ったデンタルフロスの選び方

1.扱いやすさで形状・タイプを選ぶ

ホルダータイプとロールタイプのデンタルフロス

【ホルダータイプ】
→持ち手があって誰でも扱いやすい
『初めてデンタルフロスを使う人』におすすめ!

【ロールタイプ】
→力加減で微調整ができ、たっぷり使える
『デンタルフロスを使い慣れている人』におすすめ!

2.自分の歯間に合った素材を選ぶ

歯のサンプルに歯間に合う素材のデンタルフロスを使用している

【歯間が広く、食べかすや歯垢が詰まりやすい人】
→摩擦力が強く、歯間の汚れをかき出しやすい『ナイロン』素材がおすすめ

【歯間が狭く、糸が入りにくい人】
→強度が高く、細糸で歯間に入りやすい『ポリエチレン』素材がおすすめ

【歯茎が痛んだり、血が出たりしやすい人】
→柔らかい素材で、歯と歯茎に優しい『ポリエステル』素材がおすすめ

3.使用シーンから持ち運びやすさで選ぶ

持ち運び用のケース付きのデンタルフロス

【職場など外出先へ持ち運びやすいものが欲しい】
→持ち運びに便利な『ケース付きタイプ』がおすすめ

【自宅で手軽に使えるものが欲しい】
→すぐに取り出せる『ケースレスタイプ』がおすすめ

デンタルフロスのランキング基準

モノシルでは、実際に商品を使って評価しています!

歯のサンプルにデンタルフロスを使用し、歯垢の取りやすさを検証している様子
デンタルフロス検証後の口の中
歯のサンプルにデンタルフロスを使用し、使いやすさを検証している様子""
デンタルフロス検証後の歯""
歯のサンプルに歯間に合う素材のデンタルフロスを使用している

モノシル編集部内で、歯垢染め出し液を使って歯を着色後、実際に商品を使用して検証。色の落ち具合を比較し、歯垢の取りやすさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しました。

歯のサンプルにデンタルフロスを使用し、使いやすさを検証している様子""

モノシル編集部で実際に使用し「柄の硬さや糸の剛性」「歯に引っ掛かるか」の2つの観点から、使いやすさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しました。

デンタルフロス検証後の口の中

「糸に滑りを良くするワックスが用いられているか」「キシリトールなど歯に良い成分が含まれているか」の2つの観点で商品を徹底分析。また実際の使用感を比較し、歯・歯茎への優しさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しました。

デンタルフロスおすすめ総合ランキング20選

1位
DENT.(デント)
イーフロス

4.21
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさS
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • ワックスタイプ
  • 専用ケース付き
糸の素材ナイロン
味・風味ソフトなミントフレーバー

DENT.(デント) イーフロス
おすすめポイント

  • 唾液で膨らむ!汚れと歯垢をスッキリ除去
  • なめらかなフロスでスッと歯間に入る
  • 持ち運びやすいコンパクトサイズ

DENT.(デント) イーフロス
気になるポイント

  • 奥歯を磨くにはコツがいるかも

2位
matsukiyo(マツモトキヨシ)
デンタルフロス 50m

4.06
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさS
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • ワックスタイプ
  • キシリトール入り
  • 専用ケース付き
糸の素材ポリエステル
味・風味ミントフレーバー

matsukiyo(マツモトキヨシ) デンタルフロス 50m
おすすめポイント

  • キシリトール配合!サッパリしながら虫歯予防
  • たくさん使える長いフロス
  • ミントフレーバーの爽快感でお口スッキリ

matsukiyo(マツモトキヨシ) デンタルフロス 50m
気になるポイント

  • ケースにフロスが引っかかって出しにくい

3位
GUM(ガム)
デンタルフロス[ワックス ふくらむタイプ]

4.01
歯垢の取りやすさB使いやすさA
歯・歯茎への優しさS
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • ワックスタイプ
  • 専用ケース付き
糸の素材ナイロン
味・風味無味

GUM(ガム) デンタルフロス[ワックス ふくらむタイプ]
おすすめポイント

  • やわらかフロスで素早く汚れを落とす
  • ワックス効果でスルッと入る
  • 使いやすいコンパクトなケース

GUM(ガム) デンタルフロス[ワックス ふくらむタイプ]
気になるポイント

  • 歯間がせまい人には不向きかも

GUM(ガム) デンタルフロス[ワックス ふくらむタイプ]
評判・クチコミ(1)

  • スピーディーに食いカスが取れて気持ちいい!
    5.00

    持ち運び便利な小ささで、糸も切りやすいです。

    ワックスがついてるので、スムーズにどんどん食いカスが取れます。

    私は文句の付け所がないです。

    この商品でワックスがついてないバージョンがあるのですが、こちらは使わない方がいいかと。

    糸の滑りが悪く死ぬほど使いづらかったです。

    主婦 | 
ねこ氏

    主婦

    ねこ氏

4位
EBISU(エビス)
デイリー 幅広フロス

4.01
歯垢の取りやすさS使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 大容量
糸の素材ポリエステル
味・風味無味

EBISU(エビス) デイリー 幅広フロス
おすすめポイント

  • 幅広フロスがしっかり汚れを絡め取る
  • 長めの持ち手とピックでお口の中をスッキリお掃除
  • ジッパー付きで大容量!

EBISU(エビス) デイリー 幅広フロス
気になるポイント

  • ドラッグストアやスーパーでの取り扱いが少ない

5位
DENT.EX(デントイーエックス)
ウルトラフロス

3.97
歯垢の取りやすさS使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
糸の素材ポリエチレン
味・風味無味

DENT.EX(デントイーエックス) ウルトラフロス
おすすめポイント

  • サイズは2種類!自分に合ったサイズを選べる
  • フロスが見やすいY字型
  • 水洗いすれば何度も使える

DENT.EX(デントイーエックス) ウルトラフロス
気になるポイント

  • 歯医者かネット通販でしか買えない

6位
Ciメディカル(シーアイメディカル)
フロス (40m(43.7ヤード) フッ素加工・ミントワックス)

3.86
歯垢の取りやすさC使いやすさA
歯・歯茎への優しさA
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • フッ素入り
糸の素材ナイロン
味・風味無味

Ciメディカル(シーアイメディカル) フロス (40m(43.7ヤード) フッ素加工・ミントワックス)
おすすめポイント

  • 歯を強くして虫歯を予防する
  • 唾液で広がるフロスが汚れを絡め取る
  • 爽やかなミントの香り

Ciメディカル(シーアイメディカル) フロス (40m(43.7ヤード) フッ素加工・ミントワックス)
気になるポイント

  • ケースの中身が見えず残りのフロスが確認できない

7位
ruscello(ルシェロ)
ルシェロ フロス ミントワックス

3.82
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさA
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • ワックスタイプ
  • 専用ケース付き
糸の素材ポリエステル / ナイロン
味・風味ミント

ruscello(ルシェロ) ルシェロ フロス ミントワックス
おすすめポイント

  • マイクロファイバーフロスで歯の隅々までクリーンに
  • 頑固な汚れもしっかり落としてツルツルの歯に
  • 歯間がせまくてもスルッと入る

ruscello(ルシェロ) ルシェロ フロス ミントワックス
気になるポイント

  • 好き嫌いが分かれるカラーバリエーション

8位
クリニカ
スポンジフロス

3.82
歯垢の取りやすさC使いやすさA
歯・歯茎への優しさS
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • ワックスタイプ
  • キシリトール入り
  • 専用ケース付き
糸の素材ナイロン
味・風味ミントフレーバータイプ

クリニカ スポンジフロス
おすすめポイント

  • 甘い味で虫歯予防!
  • 歯と歯の間で膨らんで汚れをスッキリ落とす
  • シンプルで使いやすいケース

クリニカ スポンジフロス
気になるポイント

  • フロスがぬるぬるして持ちにくい

9位
Dentaltor(デンタルトーア)
糸ようじ

3.74
歯垢の取りやすさA使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 大容量
  • 専用ケース付き
糸の素材ポリエステル
味・風味無味

Dentaltor(デンタルトーア) 糸ようじ
おすすめポイント

  • 使いやすさを追求したデンタルフロス
  • 極細フロスが細かい部分の汚れも落とす
  • 隙間にも置ける箱タイプのケース

Dentaltor(デンタルトーア) 糸ようじ
気になるポイント

  • Amazonでしか買えない

10位
クリニカ
フロス&スティック

3.69
歯垢の取りやすさA使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 大容量
糸の素材-
味・風味無味

クリニカ フロス&スティック
おすすめポイント

  • 3連フロスで汚れをしっかりキャッチ
  • 丈夫な持ち手で扱いやすい
  • つまようじのように使える

クリニカ フロス&スティック
気になるポイント

  • 歯並びによっては使いにくいことも…

11位
REACH(リーチ)
デンタルフロス

3.46
歯垢の取りやすさC使いやすさA
歯・歯茎への優しさA
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • ワックスタイプ
  • 専用ケース付き
糸の素材ナイロン
味・風味無味

REACH(リーチ) デンタルフロス
おすすめポイント

  • ワックス加工でなめらかに動く!
  • 歯間がせまくてもラクに通る
  • 歯医者さんでも使われているデンタルフロス

REACH(リーチ) デンタルフロス
気になるポイント

  • 歯間が広めの人には向いていない

12位
DENT.EX(デントイーエックス)
歯間ブラシ SS

3.27
歯垢の取りやすさC使いやすさA
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
糸の素材ナイロン
味・風味無味

DENT.EX(デントイーエックス) 歯間ブラシ SS
おすすめポイント

  • 丈夫で折れないからガシガシ磨ける
  • 持ちやすく歯ブラシのように使える!
  • 洗って繰り返し使える!

DENT.EX(デントイーエックス) 歯間ブラシ SS
気になるポイント

  • 頑丈なワイヤーが子どもには危険

13位
Oral Care(オーラルケア)
フロアフロス

3.16
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • 専用ケース付き
糸の素材ポリエステル
味・風味-

Oral Care(オーラルケア) フロアフロス
おすすめポイント

  • 膨らむフロスが歯間に密着!
  • "アフロ加工"でごっそり汚れを除去!
  • 丈夫な繊維だから途中で切れない

Oral Care(オーラルケア) フロアフロス
気になるポイント

  • 歯間がせまい人はフロスが通らない

14位
Ciメディカル(シーアイメディカル)
こども用フロス

3.16
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 子供向け
  • 大容量
  • 専用ケース付き
糸の素材ポリエチレン
味・風味無味

Ciメディカル(シーアイメディカル) こども用フロス
おすすめポイント

  • 子どもの歯に合わせた長さ
  • 子どもが喜ぶかわいいデザイン
  • 箱ケースだから収納しやすい

Ciメディカル(シーアイメディカル) こども用フロス
気になるポイント

  • 小さな子どもにしか使えない

15位
ProxySoft(プロキシソフト)
ペリオフロス

2.94
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさC
  • ロールタイプ
  • 大容量
糸の素材ナイロン
味・風味無味

ProxySoft(プロキシソフト) ペリオフロス
おすすめポイント

  • 1本で3役こなす!
  • ブリッジした歯の汚れも落とす
  • ふわふわでやわらかいフロス

ProxySoft(プロキシソフト) ペリオフロス
気になるポイント

  • 持ち運びしにくい

16位
小林製薬(こばやしせいやく)
糸ようじ

2.88
歯垢の取りやすさB使いやすさA
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 大容量
糸の素材ナイロン
味・風味無味

小林製薬(こばやしせいやく) 糸ようじ
おすすめポイント

  • ピンと張られたフロスが汚れをかき出す!
  • 使いやすい形状
  • 小分けもできる便利なケース

小林製薬(こばやしせいやく) 糸ようじ
気になるポイント

  • 奥歯に届きにくい

17位
クリニカ
ダブルフロス

2.54
歯垢の取りやすさC使いやすさB
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 個包装タイプ
糸の素材-
味・風味無味

クリニカ ダブルフロス
おすすめポイント

  • 個包装で衛生的
  • 細かいところまで工夫がたくさん
  • ミクロ繊維で汚れを逃さない

クリニカ ダブルフロス
気になるポイント

  • 歯間に入れるときに切れやすい

18位
Lunetta(ルネッタ)
フレグランスフロス

2.39
歯垢の取りやすさC使いやすさC
歯・歯茎への優しさC
  • ロールタイプ
  • 大容量
  • 専用ケース付き
糸の素材ポリエステル
味・風味アップル&ハニー、ココナッツ&バニラ、ストロベリー、無味、ピーチ&ストロベリー、ベルガモット

Lunetta(ルネッタ) フレグランスフロス
おすすめポイント

  • 選ぶのが楽しい♪6つのフレーバー
  • かわいくて実用的なケース
  • 歯周病や虫歯、口臭をしっかり予防

Lunetta(ルネッタ) フレグランスフロス
気になるポイント

  • 香りの好みが分かれる

19位
FRESH(フレッシュ)
フロスピック

2.31
歯垢の取りやすさC使いやすさS
歯・歯茎への優しさB
  • ホルダータイプ
  • 大容量
糸の素材ポリエステル
味・風味無味

FRESH(フレッシュ) フロスピック
おすすめポイント

  • やわらかフロスで歯茎にやさしい
  • 小さいヘッドで奥まで届く!
  • 品質が良くコスパが良い!

FRESH(フレッシュ) フロスピック
気になるポイント

  • 歯の大きさや歯間の幅によっては合わない人もいる

20位
GUM(ガム)
歯周プロケア 歯間ブラシL字型

2.25
歯垢の取りやすさC使いやすさC
歯・歯茎への優しさC
  • ホルダータイプ
  • 専用ケース付き
糸の素材ナイロン
味・風味無味

GUM(ガム) 歯周プロケア 歯間ブラシL字型
おすすめポイント

  • L字型で奥歯の汚れも取りやすい
  • "抗菌毛"で清潔に長く使える
  • 三角ブラシの面で磨く!

GUM(ガム) 歯周プロケア 歯間ブラシL字型
気になるポイント

  • サイズが合わないと歯肉を傷める

あなたに合ったデンタルフロスの選び方:3つのポイント

2種類のデンタルフロスをコップに入れている

ここからは、あなたに合ったデンタルフロスを選ぶためにチェックしておきたい"3つのポイント"を紹介します。

  1. 扱いやすさで形状・タイプを選ぶ
  2. 自分の歯間に合った素材を選ぶ
  3. 使用シーンから持ち運びやすさで選ぶ

選び方1:扱いやすさで形状・タイプを選ぶ

ホルダータイプとロールタイプのデンタルフロス

デンタルフロスは、扱いやすさで"形状・タイプ"を選びましょう。

それは、タイプによって、扱いやすさや特徴が異なるからです。

以下におすすめのデンタルフロスを形状別にまとめたので、選ぶ際の目安にしましょう。

  • 『ホルダータイプ』
    持ち手があって扱いやすい。デンタルフロス初心者におすすめ!
  • 『ロールタイプ』
    力加減が調節しやすく、たっぷり使える。デンタルフロスを使い慣れている人におすすめ!

この記事では、商品ごとに『ホルダータイプ』か『ロールタイプ』かを特徴バッジで表しているので、ぜひ参考にしてください!

選び方2:自分の歯間に合った素材を選ぶ

歯のサンプルに歯間に合う素材のデンタルフロスを使用している

デンタルフロスは、"自分の歯間に合った素材"を選びましょう。

というのも、歯間の広さによって最適な素材が異なるからです。

以下にデンタルフロスを素材別にまとめたので、選ぶ際の参考にしましょう。

  • 歯間が広く、食べかすや歯垢が詰まりやすい人
    丈夫で摩擦力が強く、歯間の汚れをかき出しやすい『ナイロン』がおすすめ
  • 歯間が狭く、糸が入りにくい人
    強度が高く、細糸で歯間に入りやすい『ポリエチレン』がおすすめ
  • 歯茎が痛んだり、血が出たりしやすい人
    柔らかい糸で、歯と歯茎に優しい『ポリエステル』がおすすめ

この記事では、各商品の種類を分かりやすく明記しているので、自分に合う素材かどうか確認しましょう!

選び方3:使用シーンから持ち運びやすさで選ぶ

持ち運び用のケース付きのデンタルフロス

デンタルフロスを外出先でも使いたい人は、"持ち運びやすさ"で選びましょう。

職場や旅行先などで使うのであれば、持ち運びに便利で衛生的な『ケース付きタイプ』がおすすめです。

また、自宅でしっかりとケアしたいなら、すぐに取り出せる『ケースレスタイプ』がおすすめですよ。

それぞれの使いやすい場面に合ったタイプのデンタルフロスを選ぶことで、毎日の口内ケアがラクになります!

この記事では、ケースの有無についても明記しているので、ぜひ参考にしてください!

デンタルフロスの効果的な使い方と適切な使用頻度は?

歯のサンプルを使ってデンタルフロスの使い方を説明している様子

「デンタルフロスのやり方が分からない…」という人も多いですよね。

デンタルフロスは、正しい使い方を理解することが大切です!

なぜなら、正しく使わないと汚れがうまく取れなかったり、歯茎を傷つけてしまったりするからですよ。

正しい使い方の手順を以下にまとめたので、チェックしてみましょう。

  1. フロスを引き出して指先から肘くらいの長さ(約40㎝)で切る
  2. 片側を右手の中指に2~3回巻きつけ、左手も同様にする
  3. 真ん中のフロスが2㎝位になるように両手の人差し指と親指でつまんで持つ
  4. フロスを横に動かしながら歯間に入れ、歯の側面に当てながら上下にゆっくりこすって歯垢をからめ取る

ロール・ホルダータイプはどちらも同じ使い方ですが、一度に2本使用して前歯用と奥歯用とを使い分けると、うまく歯垢をからめ取ることができますよ。

なお、デンタルフロスの使用頻度は1日1回がおすすめです!

これは、取り残した歯垢は2~3日で石灰化しはじめ、徐々に取りにくくなってしまうからですね。

上記の正しい使い方を理解して、歯磨きだけでは取りきれない歯垢をしっかり取り去りましょう!

まとめ:おすすめのデンタルフロスを使って歯垢の無いキレイな歯に仕上げよう!

おすすめのデンタルフロスを使って歯垢の無いキレイな歯を手に入れた女性

ここまで、"たくさんのデンタルフロス"を紹介してきました。

あなたに合いそうなデンタルフロスは見つかりましたか?

まだ迷っている人は、"ランキング上位のデンタルフロス"の中から、自分に合うものを選んでください!

モノシル編集部が徹底検証・比較しているので、迷ったら1位のデンタルフロスを試してくださいね!