口コミ
投稿

洗顔クロスおすすめ人気ランキング11選!角質・毛穴汚れが落とせるアイテム!

洗顔クロスおすすめ人気ランキング11選!角質・毛穴汚れが落とせるアイテム!

自分に合った洗顔クロスの選び方

1.用途に合った形状タイプの洗顔クロスを選ぶ

タオルが積まれている様子

【タオルタイプ】
→顔全体を洗ったり、たたんで部分的に洗ったりなど多用な使い方ができる
・洗顔クロスを初めて使う人、色々な使い方をしたい人におすすめ

【パフタイプ】
→クッション性が高くて肌触りが良い
・肌に負担をかけたくない人、洗顔にこだわりたい人におすすめ

【ミトンタイプ】
→力加減のコントロールがしやすい
・力加減を調整しながら洗いたい人、小鼻のキワなど細かな部分を洗顔したい人におすすめ

2.重視したい性能や肌質に合わせて素材を選ぶ

タオルが積まれている様子

【ポリエステル】
→耐久性と乾きやすさに優れている。価格が手頃なものが多い
・初めて洗顔クロスを使う人、長く使いたい人におすすめ

【シルク】
→肌にやさしいので、肌触りが良い
・敏感肌の人におすすめ

【和紙】
→油分を吸収する働きがある
・脂性肌の人におすすめ

【マイクロファイバー】
→肌の汚れをからめ取りやすい
・肌がザラつく人におすすめ

他にも、シルクに似た特徴をもつレーヨンや速乾性に優れたナイロンなどがあります。

3.洗顔を簡単に済ませたい人・肌が弱い人は『洗顔料不要』の商品を選ぶ

洗顔料を使わずに顔を洗っている様子

洗顔クロスには、お湯や水で濡らすだけで洗顔ができる『洗顔料不要』の商品もあります。

面倒くさがりの人や洗顔料で肌が荒れやすい人は『洗顔料不要』の商品を選びましょう!

4.クレンジングが苦手という人は『メイク落とし効果』のある商品を選ぶ

洗顔料を使わずに顔を洗っている様子

洗顔クロスには、『メイク落とし効果』のある商品があります。

洗顔後の乾燥やぬめりなどでクレンジングが苦手という人は『メイク落とし効果』のある商品を選びましょう!

洗顔クロスのランキング基準

モノシルでは、実際に商品を使って評価しています!

洗浄力の高さを顔を洗って確認している様子
洗顔クロスの肌への優しさの検証結果を記載した紙が並んでいる様子
洗顔クロスの泡立ちのよさを確認している様子
洗顔クロスの乾きやすさの検証結果を記載した紙が並んでいる様子
洗浄力の高さを顔を洗って確認している様子
人工皮膚の上に皮脂汚れを再現。洗顔クロスを使って洗い、どれだけ皮脂汚れが落ちるかをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

洗顔クロスの肌への優しさの検証結果を記載した紙が並んでいる様子

モノシル編集部で実際に使用し、使用後に肌が「ヒリヒリ・ピリピリしないか」「赤くならないか」の2つの観点から、肌への優しさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

洗顔クロスの泡立ちのよさを確認している様子

5gの洗顔料を各洗顔クロスで20秒間ずつ泡立てる検証。どれだけきめ細かい泡ができたかを比較し、泡立ちのよさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

洗顔クロスの乾きやすさの検証結果を記載した紙が並んでいる様子

使用後の各洗顔クロスを浴室内で乾かす検証。2時間後の洗顔クロスの乾き具合を比較し、乾きやすさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

洗顔クロスおすすめ総合ランキング11選

1位
Toraysee(トレシー)
毛穴すっきり洗顔クロス

4.61
洗浄力の高さS肌への優しさA
泡立ちのよさS乾きやすさA
  • タオルタイプ
  • 初心者向き
素材ポリエステル

キメ細かい泡で毛穴汚れをごっそり落とす!3パターンの洗い方も◎

ネットとクロスの2層構造になっている『トレシー 毛穴すっきり洗顔クロス』です!

『東レ』独自の"超極細繊維"が毛穴に蓄積した古い角質をオフして、すべすべの肌に導いてくれます♪

また、キメの細かいリッチな泡を生み出してくれる、ネット部分も魅力のひとつ◎

2枚を重ねた形状で、その間に手を入れて使えば、ミトンタイプのように細かい部分も洗顔できちゃいますよ!

「洗顔クロスを使ってみたいけど、失敗したくない…」という人にイチオシの1品です!
モノシル編集部のコメント
  • 2枚の間に石けんを入れて泡立てるのもおすすめ♪
  • クルクルと肌をなでるようにこすると、毛穴汚れが落ちてスッキリしました!
  • フックが付いているから、使用後は吊るして乾かしておけます!

2位
SASAWASHI(ささわし)
洗顔タオル

4.53
洗浄力の高さS肌への優しさA
乾きやすさB
  • タオルタイプ
  • 初心者向き
  • 洗顔料不要
素材和紙(パイル部分)、綿(基布)

和紙のよさが詰まった洗顔クロス♪やさしさ溢れる触り心地!

こちらは、和紙を使った日用品で有名な『SASAWASHI』の1品。

肌に当たる部分に独自の『ささ和紙』を使用しているため、ふわっとした心地よい肌触りが味わえます♪

和紙特有の油分を吸収する働きを活かした、お湯に濡らすだけで使えちゃう便利さもポイント◎

「洗顔後に肌がピリピリしたり、つっぱったりしないか不安だな…」という人におすすめしたい商品です!
モノシル編集部のコメント
  • 洗顔料を使わないから、デリケートな敏感肌の人におすすめ♪
  • 和紙の抗菌防臭効果は、洗濯を繰り返しても持続します!
  • 肌をやさしくこするだけでも、毛穴の古い角質が取れました◎

3位
舞妓さん(まいこさん)
絹の洗顔パフ

4.29
洗浄力の高さS肌への優しさA
泡立ちのよさB乾きやすさA
  • パフ型
  • 敏感肌向け
  • メイク落とし効果
素材シルク(表面)、ウレタンフォーム(中面)

汚れ落とし・ピーリング効果でお肌をリフレッシュ!

古くから舞妓さんに愛用されていたという『シルク(絹)』素材を使った、こちらの洗顔パフ。

毛穴より細いシルク繊維が、肌の汚れや古い角質をやさしくオフしてくれますよ♪

小鼻の周りや口紅など、手や洗顔料だけでは落としきれないような部分の汚れ落としにピッタリです!

弾力のある"パフ"と肌触りの良い"シルク"の相性は、まさにベストマッチ◎

「手頃な値段で、汚れもしっかり落とせる洗顔クロスが欲しい!」という人におすすめです!
モノシル編集部のコメント
  • お肌の汚れケアはもちろん、メイク落としとしても優秀◎
  • 高価なシルク製の中でも、まさに破格の1品!コスパ抜群です!
  • 気持ちいいほどに汚れや角質が落ちていくので、こすりすぎないようにご注意を!

4位
Supracor(スプラコール)
スティミュライト ハニカム スパセル

4.22
洗浄力の高さS肌への優しさB
泡立ちのよさA乾きやすさA
素材TPU(熱可塑性ポリウレタン樹脂)

立体構造がガンコな毛穴汚れをかき出す!新感覚が味わえるかも!

海外でも大人気の『スプラコール スティミュライト ハニカム スパセル』です!

独特な"形状"と"素材"が、1番のポイント◎

汚れを抱えこむ『ハニカム構造』と、弾力性&耐久性を合わせ持った『TPU素材』を採用しているから…

使った後は、まるで肌が生まれ変わったかのような極上のスッキリ感が味わえました♪

「肌のザラザラを改善したい!」という人にイチオシです!
モノシル編集部のコメント
  • 『ハニカム構造』で、仕上がりの肌はスッキリつるつるでした◎
  • 今までに味わったことがないような、不思議な洗い上がりが体験できるかも!
  • やや硬いので、肌を強くこすりすぎないように注意してくださいね!

5位
京都しるく(きょうとしるく)
絹羽二重 珠の肌パフ

4.08
洗浄力の高さA肌への優しさS
乾きやすさB
  • パフ型
  • 洗顔料不要
  • 敏感肌向け
素材シルク(使用面)、ポリエステル(片面)、ポリウレタンフォーム(中芯)

洗顔の仕上げにピッタリ!肌へのやさしさならコレ!

使い方はちょっと特殊で、いつもの洗顔料で洗顔した後に、その泡をふき取るようにして使います!

もこもこの泡とシルクのささくれが、洗顔料だけでは落としきれなかった肌の汚れを取り除いてくれました◎

また、『シルク』ならではの"やさしい肌触り"♪

「洗顔クロスを使ってみたいけど、肌への刺激が心配だな…」という人はぜひお試しください!
モノシル編集部のコメント
  • とにかく肌にやさしいので、敏感肌でも安心して使えました!
  • 使いこんで古くなったパフは、ボディ洗い用としても!
  • ミトンタイプのように手を入れて洗顔できるから便利◎

6位
Toraysee(トレシー)
洗顔ネットクロス

4.05
洗浄力の高さA肌への優しさB
泡立ちのよさA乾きやすさA
素材ポリエステル

洗顔ネットのような泡立ちでスベスベ素肌に!

ネットとクロスが一体になっている『トレシー』の洗顔クロス!

中に石けんを入れることはできませんが、洗顔ネットのような使い方ができて泡立ち抜群です!

ピーリング効果があり、洗顔後の化粧ノリUPにも期待できますよ♪
モノシル編集部のコメント
  • とにかく泡立ちが良い!
  • 使っていくたびに、毛穴汚れが目立ちにくくなってきました◎
  • 乾かすのに便利なフック付きで、使用後のお手入れもラクチン!

7位
ITO(アィティーオー)
クレンジングタオル

3.96
洗浄力の高さA肌への優しさA
  • タオルタイプ
  • 初心者向き
  • 洗顔料不要
  • 敏感肌向け
  • メイク落とし効果
素材パルプ、レーヨン

衛生的な使い捨てタイプ◎一家に一ついかがですか♪

キッチンペーパーのようなロール型の『ITO クレンジングタオル』

天然素材の滅菌処理された"使い捨てタオル"だから、毎回清潔な状態で使えます。

「洗濯して繰り返し使えるモノだと衛生的に不安…」という人におすすめ◎

また、"メイク落とし"としても、"コットンパック"として使うこともできちゃう優れモノですよ♪

一家に一つあったら重宝すること間違いなしの洗顔クロスです!
モノシル編集部のコメント
  • 洗顔からメイク落とし、パックまでこなす万能さが魅力◎
  • 生地表面のデコボコが毛穴汚れをきれいにオフしてくれます♪
  • 一般的なタオル生地よりもやわらかくて、やさしい肌触りが最高!

8位
美JIN革命(びじんかくめい)
フェイスミトン

3.74
洗浄力の高さA肌への優しさA
泡立ちのよさB乾きやすさB
  • ミトンタイプ
  • 洗顔料不要
素材ポリエステル・ポリウレタン(生地)、ポリエステル・綿(パイピング部分)、ポリウレタン(中芯)

表と裏で役割の異なる洗顔クロス!小回りがきくのもGood!

お肌にやさしいナノフロント素材を使用した、『美JIN革命 フェイスミトン』が登場!

両面で、やさしい肌当たりの『ナノパイル面』と、汚れを落としやすい『ナノスエード面』に分かれています。

毎日のケアには『ナノパイル面』、数日に1回のスペシャルケアには『ナノスエード面』というように、用途に合わせて表裏を使い分けるのがおすすめですよ♪

2本指にスポッとはまるので、タオルタイプでは難しい小鼻周りなど細かい部分の洗顔もラクチンでした!
モノシル編集部のコメント
  • 汚れをしっかり落とせるから、メイクのりも良くなります♪
  • フィット感が良いので、小回りがきいて細かい部分もラクラク洗顔できました!
  • お湯や水だけでも洗顔できるので、肌の弱い人にもおすすめ◎

9位
PleasingCare(ぷりーじんぐけあ)
メイク落とし布

3.50
洗浄力の高さB肌への優しさB
乾きやすさB
  • タオルタイプ
  • 初心者向き
  • メイク落とし効果
素材-

水に濡らすだけでメイクが落とせる!拭き取り用ならコレ!

タオルタイプのラストは、海外ブランド『PleasingCare』から人気の洗顔クロスが登場!

この商品の最大の魅力は、水に濡らすだけでメイクが落とせる手軽さ。

「水だけでは不安…」という人は、お手持ちの洗顔料やクレンジングとセットで使えば安心ですよ!

かわいらしいデザインとピンクの色合いも素敵で、ギフト用としても優秀です◎

ただし角質や角栓などの汚れを落とす"洗浄力"が他の商品に比べて劣っていました△
モノシル編集部のコメント
  • メイクを落とせる洗顔クロスを探している人にイチオシです!
  • アイシャドウやマスカラなどのアイメイクもきれいに落とせました!
  • 肌をこすっても痛くない、やわらかい質感も◎

PleasingCare(ぷりーじんぐけあ) メイク落とし布
評判・クチコミ(1)

  • お肌の摩擦になるから、"拭く系"のクレンジングはあまりしないようにしていますが…
    コレは肌触りも優しく、負担が少ないように感じます。

    軽くなでるだけでちゃんと落とせているので、「毛足の細かさがしっかり毛穴まで拭き取ってくれているんだなー」と感じます。

    理容師 / 美肌作り専門 お顔そり師 | 
さねひら ちえ

    理容師 / 美肌作り専門 お顔そり師

    さねひら ちえ

10位
日本パフ(にほんぱふ)
角栓・角質 お肌すっきりパフ

3.27
洗浄力の高さB肌への優しさB
泡立ちのよさC乾きやすさB
  • パフ型
  • 敏感肌向け
素材マイクロファイバー

毛穴ケアならおまかせを!長さの違うマイクロファイバーを採用◎

毛穴の角栓・角質とりに優れた『日本パフ』の洗顔クロスです!

一番の魅力は、両面に長さの違う"2種類の超極細繊維"を採用しているところ。

ロング丈の繊維が肌表面の汚れを落とし、ナノサイズの繊維が毛穴につまった不要な角質をかき出します!

ただし"泡立ち"が上位の商品に比べて悪く、洗顔料を多めに使わなければいけません△
モノシル編集部のコメント
  • 肌の汚れ具合に合わせて、両面で使い分けができちゃいます◎
  • 超極細のマイクロファイバーで、黒ずんだ肌もバッチリケアできました!
  • お肌のザラつきで悩んでいる人に♪

11位
ZEN○禅(ぜん)
ビューティ ナノ キョンセーム フェイスミトン(両面仕様)

3.26
洗浄力の高さB肌への優しさB
泡立ちのよさB乾きやすさC
  • ミトンタイプ
素材天然鹿皮革

肌にやさしい鹿革を使用!お手入れ簡単で使い勝手も◎

"レザーのカシミア"とも呼ばれる『天然鹿皮革』を使った洗顔クロス。

鹿革にはコラーゲンがたっぷり含まれているため、なめらかな肌触りとしなやかな柔らかさが特徴なんです!

革製品特有の使うほどに味が出てくる、"経年変化"も楽しむことができますよ♪

ただし肌にやさしい反面、頑固な毛穴汚れは落ちにくいです△
モノシル編集部のコメント
  • 鹿革はコラーゲンたっぷりなので、肌触りがやさしくて気持ちいいですよ♪
  • 上位2商品よりもサイズが大きいので、手の大きな男性にも◎
  • 革製品なのに、使用後は干すだけの簡単お手入れでOK!

そもそも洗顔クロスとは?

女性が顔を洗っている様子

洗顔クロスは、肌に蓄積された老廃物や古い角質、メイク汚れなどを落とすための布(クロス)のことなんです。

細かい繊維で汚れをからめ取ったり、泡立ちを良くしたりできるので、洗顔料とセットで使うと洗浄効果をより高められるという特徴があります。

タオルやパフなどのタイプがあり、"どのように洗顔をしたいか"によって選ぶべきタイプが異なりますよ。

あなたに合った洗顔クロスの選び方:2つのポイント

洗顔クロスをしたあとの顔を拭いている様子

  1. 用途に合った形状タイプの洗顔クロスを選ぶ
  2. 重視したい性能や肌質に合わせて素材を選ぶ

1.用途に合った形状タイプの洗顔クロスを選ぶ

タオルが積まれている様子

洗顔クロスを選ぶ際は、用途に合わせて"形状タイプ"を選びましょう!

なぜなら、形状タイプによって特徴が異なり、それぞれ向き不向きがあるからですよ。

  • タオル
    特徴:顔全体を洗ったり、折りたたんで部分的に洗顔したりなど、様々な使い方ができる最もポピュラーなタイプ。乾きやすいから衛生的に使える
    おすすめな人:洗顔クロスを初めて使う人、顔全体や部分的など色々な使い方をしたい人
  • パフ
    特徴:クッション性が高くて肌触りが良いから、気持ちよく洗顔できる。厚みがあるので、やや乾きにくい
    おすすめな人:できるだけ肌に負担をかけたくない人、気持ちよく洗顔したい人
  • ミトン
    特徴:手にはめて使えるので、力加減のコントロールがしやすく安定してこすれる。パフタイプと同じで、やや乾きにくい
    おすすめな人:強め・弱めなど自分で力加減を調整しながら洗いたい人、細かい部分を洗顔したい人

2.重視したい性能や肌質に合わせて素材を選ぶ

タオルが積まれている様子

洗顔クロスの形状タイプが決まったら、重視したい性能や肌質に合わせて"素材"にも注目してみましょう!

なぜなら、素材によって利便性や肌触りなどの特徴が異なるからですよ。

以下に洗顔クロスの主な素材の特徴とおすすめな人をまとめたので、チェックしてましょう!

  • ポリエステル
    特徴:耐久性と乾きやすさに優れている。お手頃な価格の商品が多い
    おすすめな人:初めて洗顔クロスを使う人、長く使いたい人
  • シルク
    特徴:肌にやさしいので、肌触りが良い。保湿性が高く、静電気が起きにくい
    おすすめな人:デリケートな敏感肌の人
  • 和紙
    特徴:油分を吸収する働きがある。抗菌・防臭効果があり、衛生面にも優れている
    おすすめな人:肌がベタつきやすい脂性肌の人
  • マイクロファイバー
    特徴:繊維が細かいので、肌の汚れをからめ取りやすい。吸水性や速乾性に優れている
    おすすめな人角質や角栓が蓄積して肌がザラつく人

以上の他にも、シルクに似た特徴をもつ『レーヨン』や速乾性に優れた『ナイロン』など、様々な素材が洗顔クロスに使われていますよ。

  • 洗顔料のあり・なしで選ぶ
    お湯や水で濡らすだけで洗顔ができる『洗顔料不要』の商品もあります。面倒くさがりの人や洗顔料で肌が荒れやすい人におすすめですよ
  • メイク落とし効果のあり・なしで選ぶ
    洗顔後の乾燥やぬめりなどでクレンジングが苦手という人は『メイク落とし』効果のある商品がおすすめですよ

まとめ:おすすめ洗顔クロスを使って、ツルツルの美肌を手に入れよう!

女性が泡立てている様子

ここまで、"たくさんの洗顔クロス"を紹介してきました。

あなたに合いそうな洗顔クロスは決められましたか?

まだ迷っている人は、"ランキング上位で紹介している商品"の中から、自分に合うものを選んでください!

モノシル編集部が徹底検証・比較しているので、迷ったら1位の洗顔クロスを試してくださいね!