口コミ
投稿

ボディタオルおすすめ人気ランキング29選!肌に優しいアイテムはどれ?

ボディタオルおすすめ人気ランキング29選!肌に優しいアイテムはどれ?

自分に合ったボディタオルの選び方

1.重視したい特徴に合わせて素材を選ぶ

綿の素材でできたbボディタオル

【汚れの落ちやすさ・泡立ちの良さを重視したい】
→泡立ちが良く、皮脂汚れをしっかり落とせる『化学繊維(ナイロン、ポリエステルなど)』がおすすめ

【肌への優しさを重視したい】
→柔らかく、肌に負担がかかりにくい『綿』がおすすめ

【マッサージ効果を重視したい】
→やや硬い質感で、肌に適度な刺激を与えられる『麻』がおすすめ

【肌・環境への優しさを重視したい】
→肌だけでなく、環境にも優しい『ポリ乳酸』がおすすめ

2.体の大きさに合わせてサイズを選ぶ

体の大きさに合ったサイズのボディタオルを使用している女性

【体が大きい男性】
→120cm前後の『長め』がおすすめ

【一般的な人】
→100cm前後の『普通』がおすすめ

【体が小さい女性、子供】
→80cm前後の『短め』がおすすめ

3.好みの使い心地に合わせて生地の硬さを選ぶ

ボディタオルの生地の硬さを確認している様子

【少し刺激のある洗い心地や、さっぱりとした洗い上がりが好みの人】
→『硬め』のものがおすすめ

【肌に刺激を与えたくない人、敏感肌の人】
→『柔らかめ』のものがおすすめ

4.旅行用なら『使い捨てタイプ』を選ぶ

使い捨てタイプのボディタオル

旅行用として使いたい場合は『使い捨てタイプ』を選びましょう。

使い終わったらゴミ箱に捨てられるので、荷物になりません。

5.あかをしっかり落としたいなら『ゴム加工付き』を選ぶ

ゴム加工付きのボディタオル

あかをしっかり落としたい場合は『ゴム加工付き』を選びましょう。

肌の汚れや古い角質などを優しく取り除けます。

ボディタオルのランキング基準

モノシルでは、実際に商品を使って評価しています!

ボディタオルを検証している様子
ボディタオルの検証結果を紙に書き記している女性
ボディタオルの泡立ちの良さを検証している女性
ボディタオルの検証結果を書き記した紙
ボディタオルの泡立ちの良さを検証している女性

同一商品のボディソープ(3ml)を30秒間泡立てた後、できた泡の量を計測。この計測結果をもとに、泡立ちの良さをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

ボディタオルの検証結果を紙に書き記している女性

各商品の素材について「肌に優しいか」の観点で細かく分析。さらにモノシル編集部員がボディタオルを使用し、肌への優しさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

ボディタオルの検証結果を書き記した紙

ボディタオルを1回・10回・30回洗濯し、その都度「糸がほつれていないか」「破れていないか」などを確認。この検証結果をもとに、もちの良さをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

ボディタオルおすすめ総合ランキング28選

1位
MARNA(マーナ)
麻タオル ボディタオル B396

2.83
角質の落としやすさC泡立ちのよさB
肌への優しさB速乾性B
耐久性B
  • リネン
  • 国産ブランド
  • オーガニック
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

MARNA(マーナ) 麻タオル ボディタオル B396
評判・クチコミ(1)

  • 程よいかたさ
    4.00

    麻特有の程よいかたさがあり、肌を痛めずに洗うことができるボディタオルです。

    ナイロンボディタオルは、肌を刺激してしまうので、天然素材でできたものを使っています。

    綿のものと比べると、少しシャキッとする感触です。

    フラワーエッセンスプラクティショナー / アロマアドバイザー | 
まいこ

    フラワーエッセンスプラクティショナー / アロマアドバイザー

    まいこ

2位
Broome(ブルーム)
なめらかホイップボディタオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさS速乾性B
耐久性A
  • ポリ乳酸
  • 弱酸性
  • 国産ブランド
  • 敏感肌向け
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

3位
Zenmi(ゼンミ)
トウモロコシ生まれのボディータオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさS速乾性A
耐久性A
  • ポリ乳酸
  • 弱酸性
  • 国産ブランド
  • オーガニック
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

4位
シンエイプランニング
泡立ちマシュマロボディタオル 弱酸性

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさS速乾性A
耐久性B
  • ポリ乳酸
  • 弱酸性
  • 国産ブランド
  • 敏感肌向け
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

5位
MINON(ミノン)
ミノンやさしく洗う弱酸性タオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさB
肌への優しさS速乾性A
耐久性A
  • ポリ乳酸
  • 弱酸性
  • 国産ブランド
  • 敏感肌向け
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

6位
Bioré u(ビオレ u)
みるみる泡立つボディタオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさA速乾性B
耐久性A
  • ポリ乳酸
  • 立体織り
  • 弱酸性
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通

7位
オーエ
あわゆき 超やわらか

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性A
耐久性B
  • 化学繊維
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ、やわらか、ふつう、かため、超かため

8位
DUSKIN(ダスキン)
ナチュボディタオル (トウモロコシとコットン)

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさB速乾性A
耐久性B
  • ポリ乳酸
  • 海外ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通

9位
OH:E(オーエ)
あわゆき やわらか

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性A
耐久性B
  • 化学繊維
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ、超やわらか、ふつう、かため、超かため

10位
キクロン
アワスター 超やわらかめ

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性A
耐久性B
  • 化学繊維
  • 立体織り
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ、やわらかめ、ふつう、かため、超かため

11位
OH:E(オーエ)
あわゆき かため

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性A
耐久性B
  • 化学繊維
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め、超やわらか、やわらか、ふつう、超かため

12位
キクロン
アワスター SP 超やわらかめ

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性A
耐久性B
  • 化学繊維
  • 立体織り
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ、やわらかめ、ふつう、かため、超かため

13位
キクロン
アワスター ふつう

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 立体織り
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通、超やわらかめ、やわらかめ、かため、超かため

14位
キクロン
アワスター やわらかめ

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 立体織り
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ、超やわらかめ、ふつう、かため、超かため

15位
キクロン
アワスター 超かため

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 立体織り
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め、超やわらかめ、やわらかめ、ふつう、かため

16位
NOBLE(ノーブル)
美肌背中作りのボディタオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさC
肌への優しさS速乾性B
耐久性B
  • シルク
  • 弱酸性
  • 海外ブランド
  • 敏感肌向け
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

17位
OH:E(オーエ)
ボディタオル かため 超ロング

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性A
耐久性B
  • 化学繊維
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め

18位
藤栄(ふじえい)
ボディタオル ナチュラル ブレス オーガニックコットン BL-403

角質の落としやすさB泡立ちのよさA
肌への優しさA速乾性B
耐久性B
  • ポリ乳酸
  • 国産ブランド
  • オーガニック
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

19位
MARNA(マーナ)
うさぎのしっぽのボディタオル B009

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • プチプラ
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ柔らかめ

20位
aisen(アイセン)
ナイロンタオル110cm ふつう

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 海外ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通、かため

21位
aisen(アイセン)
男のキメ肌チェックボディタオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め

22位
MARNA(マーナ)
天使のバスタイム ボディタオル B315

角質の落としやすさB泡立ちのよさS
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通

23位
コパ・コーポレーション
ゴムポンつるつる

角質の落としやすさB泡立ちのよさC
肌への優しさA速乾性B
耐久性C
  • 綿
  • 今治タオル製
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め

24位
キクロン
背中美女 ボディタオル

角質の落としやすさB泡立ちのよさB
肌への優しさC速乾性B
耐久性B
  • 化学繊維
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め

25位
ORIM(オリム)
こりこりタオル

角質の落としやすさC泡立ちのよさC
肌への優しさA速乾性C
耐久性B
  • 綿
  • 今治タオル製
  • 国産ブランド
  • オーガニック
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め

26位
MAKANAI(まかないこすめ)
和紙タオル

角質の落としやすさC泡立ちのよさB
肌への優しさB速乾性C
耐久性B
  • 和紙
  • 高級品
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通

27位
キクロン
あわあみボディタオル 泡綿

角質の落としやすさC泡立ちのよさB
肌への優しさA速乾性C
耐久性C
  • 綿
  • 立体織り
  • 国産ブランド
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ普通、やわらかめ

28位
亀の子束子(かめのこたわし)
麻タオル かため

角質の落としやすさC泡立ちのよさC
肌への優しさB速乾性C
耐久性B
  • リネン
  • 国産ブランド
  • オーガニック
  • 長め
  • 普通
  • 短め
生地の硬さ硬め、ふつう、とくにかため

あなたに合ったボディタオルの選び方:5つのポイント

ボディタオルの選び方の5つのポイントを示す数字の5

ここからは、あなたに合ったボディタオルを選ぶための"5つのポイント"を紹介します。

  1. 重視したい特徴に合わせて素材を選ぶ
  2. 体の大きさに合わせてサイズを選ぶ
  3. 好みの使い心地に合わせて生地の硬さを選ぶ
  4. 旅行用なら『使い捨てタイプ』を選ぶ
  5. あかをしっかり落としたいなら『ゴム加工付き』を選ぶ

選び方1:重視したい特徴に合わせて素材を選ぶ

綿の素材でできたbボディタオル

まずは、"どんな素材が使われているか"に注目して選びましょう!

なぜなら、素材によってそれぞれ特徴が異なるからです。

以下に詳しくまとめたので、ぜひ参考にしてください!

  • 化学繊維(ナイロン、ポリエステルなど)
    特徴:泡立ちが良く、皮脂汚れなどをしっかり落とせる。乾きやすいので、衛生的に使える
    おすすめの人:汚れの落ちやすさ・泡立ちの良さを重視したい人
  • 綿
    特徴:柔らかいので、肌に負担がかかりにくい
    おすすめの人:肌への優しさを重視したい人、敏感肌の人

  • 特徴:やや硬い質感で、肌に適度な刺激を与えられる。水に強く、乾きやすい
    おすすめの人:マッサージ効果を重視したい人
  • ポリ乳酸
    特徴:弱酸性なので肌に優しい。最終的に生分解が可能なので環境にも優しい
    おすすめの人:肌・環境への優しさを重視したい人

  • 特徴:あかを除去できるが、肌に負担がかかるので毎日使いには不向き。月1回程度の使用がおすすめ
    おすすめの人:肌のあかを落としたい人

この記事では、各商品の素材を特徴バッジで表しているので、しっかりチェックしてくださいね!

選び方2:体の大きさに合わせてサイズを選ぶ

体の大きさに合ったサイズのボディタオルを使用している女性

次は、体の大きさに合わせてボディタオルのサイズを選びましょう!

以下を目安にして、自分に合ったサイズを見つけてくださいね。

  • 体が大きい男性
    120cm前後の『長め』がおすすめ
  • 一般的な人
    100cm前後の『普通』がおすすめ
  • 体が小さい女性、子供
    80cm前後の『短め』がおすすめ

この記事では、各商品のサイズを明記しています。

実際に商品を選ぶ際に、しっかり確認してくださいね!

選び方3:好みの使い心地に合わせて生地の硬さを選ぶ

ボディタオルの生地の硬さを確認している様子

ボディタオルを選ぶ際は、"生地の硬さ"にも注目しましょう!

というのも、生地の硬さによって洗い心地や刺激の程度などが異なるからです。

以下を目安にして、自分に合った硬さのボディタオルを選びましょう。

  • 硬め
    少し刺激のある洗い心地や、さっぱりとした洗い上がりが好みの人
  • 柔らかめ
    肌に刺激を与えたくない人、敏感肌の人

こちらの情報も明記しているので、忘れずにチェックしてくださいね!

選び方4:旅行用なら『使い捨てタイプ』を選ぶ

使い捨てタイプのボディタオル

旅行先などでボディタオルを使いたい人は『使い捨てタイプ』を選びましょう。

使い終わったらゴミ箱に捨てられるので、荷物になりませんよ!

また、個包装になっている商品なら、バッグに入れてもかさばらないのでおすすめです。

旅行用として使いたい人は、『使い捨てタイプ』の特徴バッジを付けている商品の中から選んでください!

選び方5:あかをしっかり落としたいなら『ゴム加工付き』を選ぶ

ゴム加工付きのボディタオル

肌のあかを落としたい場合は『ゴム加工付き』のボディタオルを選びましょう!

なぜなら、肌の汚れや古い角質などを優しく除去する効果があるからです。

特に、肌のザラザラ・ポツポツで悩んでいる人におすすめ◎

こちらも特徴バッジで表しているので、商品を選ぶ際に参考にしてくださいね!

まとめ:おすすめのボディタオルを使って体全体をしっかり洗おう!

ボディタオルを使っている様子

あなたに合いそうなボディタオルは見つかりましたか?

自分に合ったボディタオルを選ぶことで、手が届きにくい体の部分までしっかり洗えますよ!

まだ迷っている人は"ランキング上位のボディタオル"の中から、自分に合うものを選んでください!

モノシル編集部が徹底検証・比較しているので、迷ったら1位のボディタオルを試してくださいね!