口コミ・評判投稿

クチコミ
投稿

一人暮らしを家具レンタルで始めたい人必見!タイプ別おすすめのサービス8選!

一人暮らしを家具レンタルで始めたい人必見!タイプ別おすすめのサービス8選!

家具レンタルをしようと思ってるけれど、どのサービスがいいのかわからない、サービスの数が多すぎて選べないとお悩みではありませんか?

進学や就職、単身赴任などで一人暮らしを始めるために、家具を一式そろえるのはお金がかかるしちょっと大変だなと思っている方は多いと思います。

また、ずっと使うわけではないから、できれば家具にあまりお金をかけたくないという人もいるでしょう。

そんな方にピッタリなのが家具レンタルです。

家具は価格が高いので、なるべく失敗したくないという思いが働いて、お店に何度も足を運んだりして購入するのにとても疲れる、というのも悩みの一つになっています。

こういった一人暮らしを始める人の家具にまつわる悩みをいっきに解決してくれるのが家具レンタルです。

この記事では家具の選び方や、おすすめのサービスを徹底解説しますので、参考にしてみてくださいね。

この記事はこんな人におすすめ

  • 家具をそろえるための費用を節約したい方
  • 就職、進学、単身赴任などで一人暮らしを始める方
  • 引っ越しすることが多い方
  • 買う前にお試しをしたい方
  • 部屋の模様替えを楽しみたい方

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ

家具レンタルとは?

家具レンタルとは?

家具レンタルとは、毎月定額で家具をレンタルできるサービスのことです。

従来は「家具=買う」という考え方が一般的でしたが、今や家具ですらレンタルする時代になってきました。

家具レンタルは、家具を買いそろえるよりも別のことにお金を使いたい、住む場所を自由に変えたいので必要最小限のもので身軽でいたい、使う期間が決まっているので買うのがもったいないなど、買うよりもレンタルするほうがあっていると考える人にはピッタリなサービスだと言えます。

家具のレンタルのメリットは、買いそろえるよりも費用が安くすみ、必要な時に必要なものだけをレンタルできることです。

家具は安いものでも数千円します。それをすべてそろえるとなると大変ですよね。

家具レンタルは月数百円から利用できるものもあるので、とても魅力的なサービスといえるでしょう。

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット◀次はコチラ
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ
▼家具レンタルおすすめ一覧へ

家具レンタルのメリット

家具レンタルのメリット

家具レンタルにはたくさんのメリットがあります。

ひとつひとつ見ていきましょう。

家具レンタルのメリット

  1. 生活に必要なものを安くレンタルできる
  2. 購入した家具を持ち運ぶ手間がない
  3. お試しできる
  4. 家具を好きなときに交換できる
  5. 捨てるときのコストがかからない
  6. 模様替えが簡単にできる
  7. 気に入った家具を購入できる
  8. 引越しの時の費用を軽減できる

1:生活に必要なものを安くレンタルできる

家具レンタルを利用すると、購入するよりも圧倒的に安い金額で家具をそろえることができます。

生活に必要な家具を、たとえばホームセンターで生活に必要な家具を買いそろえたとすると費用はだいたいこのくらいです。

ローテーブル 5,000円

コンパクトソファ 10,000円

ベッド 20,000円

テーブル 20,000円

安く買いそろえたとしても5万円は超える計算です。
これに家電を買いそろえることを考えると、費用は15万円を軽くこえます。

これはかなり安く見積もった場合です。(単身者を想定)

しかし、もし、家具レンタルをしたらおおよそ半分以下くらいの価格にはできるでしょう。

2:購入した家具を持ち運ぶ手間がない

新しい家具を購入すると次にすることは、その家具を家に持ち帰ることです。

自家用車を持っていて、買ったものが車に乗せられたらいいのですが、そうでない場合は配送をしてもらわないといけません。

家具は大きくて重いので配送料もそれなりにかかります。

商品代を支払い、安くはない配送料がかかることを考えると家具は高い買い物だといえます。

そして、組み立て家具を購入した場合は、持ち帰った後に自分で組み立てなければなりません。

その点、家具レンタルの場合は、ネットで注文をするだけで配送してくれますので自分で運ぶ必要はありません。

配送料の有無や金額はサービスによりますが、レンタル料金が高くないのでお財布に優しいです。

また、設置のオプションであったり、組み立てオプションが付いていれば、自分で作業する手間暇を省くことができます。

家具を買って使うまでの労力と時間を省けるのが家具レンタルのいいところです。

3:お試しできる

家具レンタルは、自分の気に入った家具を部屋に置いて、使うことができます。

そのため、家具を買う時に多くの人が考えるこんな心配をしなくてすみます。

✓この家具、実際に置いてみたら大きすぎたりしないかな

✓このデスクと家にある椅子と、高さは合うかな

✓家具を置いたせいで部屋がに圧迫感がでて、窮屈に感じたらどうしよう

こういった悩みは家具レンタルでは不要です。

家具選びでありがちな、サイズを測ってお店に行って買ったけど、実際に部屋に置いてみたらあまりしっくりこなかった、という家具特有の問題を回避できます。

4:家具を好きなときに交換できる

家具を購入すると、ほとんどの場合、長期間使い続けることになります。

別の色にしたいとか、もっとほかの機能がついたものがいい、と思ったりしてもなかなか買い替えることはできません。

家具レンタルなら、気軽に家具を替えることができます

自分の状況や気分に合わせて家具を変えたい人には大きなメリットだと言えるでしょう。

5:捨てるときのコストがかからない

家具を捨てる場合、ゴミとして捨てるための処分費や運び出す手間がかかります。

不用品業者に引きとってもらうとしても6,000円〜10,000円くらいの費用がかかってしまいます。

そのため、新しい家具が欲しいけど捨てるのが面倒だから使い続けている、という人は意外と多いのではないでしょうか。

家具レンタルなら、処分の手間暇を考えることなく、好きなタイミングで返却したり、別の家具をレンタルして、新たに別の家具を使うことができます

6:模様替えが簡単にできる

ここ数年、コロナ禍で生活の仕方やお仕事スタイルが大きく変り、部屋の模様替えを余儀なくされた人は多いのではないでしょうか。

たとえば、家で仕事をすることになったのでデスクが必要になったとか、落ち着いて仕事ができる場所をつくるために、家具を減らしたり、買い替えたりした人もいると思います。

家具レンタルを利用していれば模様替えで置けなくなった家具は返却すればいいですし、別の家具をレンタルしなおすこともできるのでいつでも気軽に模様替えができます。

7:気に入った家具を購入できる

家具レンタルと聞くと、いつかはその家具を返さなければならないというイメージがあるかもしれません。

実は、サービスによっては気に入った家具を購入することもできます。

その場合、有償で借りていた期間に支払ったレンタル料金を購入金額にあてることができる場合があります。

家具の購入で失敗したくない人は、まず家具レンタルで実際に使ってから購入できる家具レンタルはおすすめです。

8:引越しの時の費用を軽減できる

引っ越しをする場合、引っ越し業者に依頼することになります。

引っ越しの見積金額は、どんな家具が、どのくらいあるのかによって料金がかわってきます。

つまり、大きな家具が多ければ多いほど引っ越し料金も高くなります。

新しい住まいの敷金、礼金、カーテンやシーリング、その他の生活必需費を買いそろえるのにお金がかかるのに、引っ越し料金にまでお金がかかったらとても大きな出費になります。

家具レンタルなら、引っ越しのタイミングで家具を返却することができるので引っ越し料金をおさえることができ、その分、出費を抑えられます。

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット◀次はコチラ
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ
▼家具レンタルおすすめ一覧へ

家具レンタルのデメリット

家具レンタルのデメリット

家具レンタルのメリットを見てきましたが、デメリットもあります。

デメリットもふまえて、家具レンタルをするかどうかを決めましょう。

家具レンタルのデメリット

  • 長期間レンタルすると損になる
  • 最低利用期間がある
  • レンタル料金以外の費用がかかる
  • トラブル時の対処がややこしい
  • 好みのデザインがない場合がある

家具レンタルのデメリットは、長期間使うと損になってしまうことです。 たとえば、月額3,500円でソファーをレンタルしていた場合、そのソファーの定価が60,000円だったら1年4カ月以上使い続けると定価よりも高い金額をレンタル料金として支払うことになります。 家具レンタルは家具をそろえる費用を抑えられることがメリットですので、[red]2年以上レンタルする場合は向いていません。[/red] 家具レンタルを利用する目的に照らし合わせて、なるべく短期間で使うようにしましょう。

家具レンタルのサービスによっては、最低利用期間が設定されていることがあります。 たとえば、3カ月、1年など、「必ずその期間は使ってください」というお約束があるということです。 最低利用期間が設定されている場合は、契約の途中で解約をすると数カ月分の利用料を請求されたり、残っている契約期間分の利用料を支払わなければならないとうこともあります。 [red]利用期間や、契約によっては費用を抑えるつもりが想定以上の出費になってしまうこともあります[/red]のでよく確認しましょう。

家具レンタルで見落としがちなのが、レンタル料金以外にかかる費用です。 月々のレンタル料金だけでなく、その他にどういった費用が、どのくらいかかるのかを見ておかないと想定していたよりも費用がかかってしまったということになりかねません。 月々のレンタル料金以外でかかる費用としては以下のものがあります。 ✓初期費用(会員費や、申込み手数料、事務手数料など) ✓配送料 ✓設置する費用 ✓返却時の費用 ✓解約手数料 設置する費用について補足しておきますと、通常の配送は玄関先で荷物を引き渡すことになります。 しかし、大型家具の場合、玄関先で引き渡されても困りますよね。 そんな場合に、玄関先での引き渡しではなく、部屋に入って設置してくれるサービスがあります。 その費用がかかるのか、もしかかるならいくらなのか、ということを調べておく必要があります。 このように家具レンタルをする場合は月額利用料だけでなく、そのほかの料金がかかることがあるので注意しましょう。 場合によっては、少しの間我慢して、購入したほうがよかったということもあるかもしれません。

家具レンタルで心配になるのが、トラブルがあったときの対処です。 汚れてしまった、壊してしまった、といった不測の事態が起きたときにどういう対応をするのかを事前に調べておきましょう。 トラブルはないのが一番なのですが、不測の事態は誰にでも起こりうるのです。 レンタル料金の中に保険料が含まれているのかどうか、オプションでつけられるのか、もしオプションで付けるならどのくらいの金額になるのかといった、細かい部分も見ておくことで安心して家具レンタルをすることができます。 ただし、[red]故意に家具を壊したり、汚してしまった場合や、程度がひどい場合は保証や保険の対象外になり別途料金を請求される[/red]ことがあります。 家具レンタルは便利ですが、「借りている」という意識で大事に使うことをこころがけていれば問題ないでしょう。

家具レンタルは様々な家具の中から予算に合わせて好みの家具を選べるというメリットがありますが、家具サービスによっては好みのものを扱っていない場合があります。 また、家具のタイプも豊富でない場合があるので、[red]自分の好みの家具が見つからない[/red]ことがあります。 家具レンタルは何かを妥協しなければならない場合があることを覚えておきましょう。

家具レンタルおすすめ人気ランキング10選

1位

CLAS(クラス) CLAS

  • CLAS(クラス) CLASの商品画像1
  • CLAS(クラス) CLASの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
2位

SARKLAND(サークランド) かして!どっとこむ

  • SARKLAND(サークランド) かして!どっとこむの商品画像1
  • SARKLAND(サークランド) かして!どっとこむの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
3位

フォー・ディー・コーポレーション STYLICS

  • フォー・ディー・コーポレーション STYLICSの商品画像1
  • フォー・ディー・コーポレーション STYLICSの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
4位

SOCIAL INTERIOR(ソーシャルインテリア) subsclife

  • SOCIAL INTERIOR(ソーシャルインテリア) subsclifeの商品画像1
  • SOCIAL INTERIOR(ソーシャルインテリア) subsclifeの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
5位

あるる おトクレンタル.com

  • あるる おトクレンタル.comの商品画像1
  • あるる おトクレンタル.comの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ
6位

airRoom Technologies(エアールームテクノロジーズ) airRoom

  • airRoom Technologies(エアールームテクノロジーズ) airRoomの商品画像1
  • airRoom Technologies(エアールームテクノロジーズ) airRoomの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
7位

山王スペース&レンタル(SANNO S&R) 家電パッケージレンタル

  • 山王スペース&レンタル(SANNO S&R) 家電パッケージレンタルの商品画像1
  • 山王スペース&レンタル(SANNO S&R) 家電パッケージレンタルの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
8位

Rentable One(レンタブルワン) かりとこ

  • Rentable One(レンタブルワン) かりとこの商品画像1
  • Rentable One(レンタブルワン) かりとこの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
9位

RIG(アールアイジー) レンタルキング

  • RIG(アールアイジー) レンタルキングの商品画像1
  • RIG(アールアイジー) レンタルキングの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る
10位

dinos(ディノス) flect

  • dinos(ディノス) flectの商品画像1
  • dinos(ディノス) flectの商品画像サムネ1
最安値・商品詳細をもっと見る

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ

家具レンタル関連おすすめ記事

家具レンタルサービスの選び方

家具レンタルサービスの選び方

家具レンタルサービスについてメリット、デメリットがわかったら、次はどんな家具レンタルサービスにするのか選んでいきます。

そこで、家具レンタルサービスを選ぶうえで確認しておくべき項目をピックアップしました。

これは、自分に合った家具レンタルサービスを選び、快適な生活を送るためにとても重要なことです。

家具レンタルサービスの選び方

  1. 目的や希望する期間を満たせるサービス内容であるか?
  2. 家具を置く家は対応エリアに入っているか?
  3. 自分にあった支払い方法ができるか?
  4. 料金プランや価格はどうか?
  5. レンタル期間は自分に合っているか?
  6. レンタルしたい家具はあるか?
  7. 破損など不測の事態の保証はあるか?
  8. 気に入った家具は購入できるのか?

1:目的や希望する期間を満たせるサービス内容であるか?

これは、家具レンタルでとても重要な項目です。

家具レンタルは数日からレンタルできるものもあれば、最低1カ月から、といった期間が決まっているものもあります。

途中で解約すると違約金が発生することもあるので、「どんな理由(目的)で、どのくらいの期間レンタルしたいのか」ということを明確にしておきましょう。

そうすることで、サービスを選ぶ時間を短縮し、効率的に自分に合った家具レンタルのサービスを見つけることができます。

2:家具を置く家は対応エリアに入っているか?

レンタルをした家具を置く家がサービスのエリア内かどうかを確認しましょう

大手の会社が運営しているサービスであれば全国対応していることが多いですが、地元密着型であったり、そこまで大きな会社ではない場合は決められた対応エリアの中でしかサービスを提供できません。

対応エリアはWEBページなどに明記してありますので、先に確認しておきましょう。

家具や支払い方法などを選んだ後にエリア外ということになると時間が無駄になってしまいます。

3:自分にあった支払い方法ができるか?

家具レンタルのサービスによって支払い方法が異なります。

現金一括払いやクレジットカード払いはよく耳にすると思います。

最近ではNP後払いという会社も増えてきました。

NP後払いは、商品が届いてから、決められた期限までにコンビニや郵便局、銀行で支払いができるサービスです。

4:料金プランや価格はどうか?

家具レンタルでなるべく費用を安くするためには、家具をそれぞれレンタルするのではなく、サービスを提供している会社が設定しているプランを活用するのも有効な方法です。

何点かセットでレンタルすることで、それぞれレンタルをするよりもお安くなる場合があります。

また、価格を調べるときはレンタル料金以外でかかる費用についてもしっかり調べておきましょう。

たとえば、配送料や設置料、返却費用、保険料などです。

これらの費用は必須の確認事項なので請求されてもびっくりしないようにしましょう。

5:レンタル期間は自分に合っているか?

家具レンタルのレンタル期間の設定はサービス会社によってかなり異なります。

年間契約の場合もあれば、2年契約といった長めのものがあったり、最低利用期間が決まっている場合などさまざまです。

最短では2泊3日くらいからレンタルできるサービスもあります。

実際にレンタルする期間はどのくらいなのかを想定して費用を計算しましょう。

また、契約期間内に内容を変更したり、解除したりする場合はどうなるのかも合わせて確認しましょう。

もし、契約期間よりも長く使いたい場合はどうなるのかも合わせて調べておくことで、安心して家具をレンタルすることができます。

6:レンタルしたい家具はあるか?

家具は日常的に使うものなので、なるべく自分に合ったサイズ、デザイン、機能があるものをえらびたいですよね。

また、部屋に入るかどうかなども重要になってきます。

どんな家具をレンタルしたいのかを、優先順位を決めてサービスを選ぶようにしましょう。

7:破損など不測の事態の保証はあるか?

家具レンタルで見落としがちなのが、破損したり、汚したりしてしまった場合の対応です。

修理になるのか、代わりの商品に交換してもらえるのか、それともあらかじめ保険をかけておいてその中で対応するのか、サービスによります。

家具レンタルは月々支払いはしていても、借りものですので不測の事態にはどんな対応になるのか知っておくことで、安心して家具を使うことができます。

8:気に入った家具は購入できるのか?

家具レンタルのサービスでは、レンタルをした家具が気に入ったら購入できる場合もあります。

そのまま購入できる場合は、新しいものを買いに行く手間や配送料、設置料などを節約することができます。

家具レンタルをした商品を購入する場合は割引があったりすることもあるので、事前にチェックしておきましょう。

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ◀次はコチラ
  7. まとめ
▼家具レンタルおすすめ一覧へ

家具をレンタルするまでの流れ4ステップ

家具をレンタルするまでの流れ4ステップ

家具をレンタルするまでの具体的な流れを4つのステップで解説します。

家具をレンタルするまでの流れ4ステップ

  1. ステップ1 サービスを決める
  2. ステップ2 注文する
  3. ステップ3 荷受け・設置する
  4. ステップ4 利用開始

1:ステップ1 サービスを決める

利用したい家具レンタルサービスを決め、レンタルしたい家具、プランを選びます。

家具レンタルの目的、予算、エリア、料金など、優先順位をつけて選ぶことで、自分にピッタリのサービスを選ぶことができます。

2:ステップ2 注文する

注文画面から申込みます。

自分で見積もった金額と大きく異なる場合は、レンタル料金以外の費用がはいっていることがあるので、注文内容をよく確認しましょう。

反対に、見積もった金額よりも少ない場合は、設置料やその他の費用を入力し忘れてるかもしれません。

3:ステップ3 荷受け・設置する

注文が確定すると、配送予定日が決まります。

注文してから家具が届くまでに約1週間くらいです。

運び込みがスムーズにいくように部屋の中をきれいにしておきましょう。

4:ステップ4 利用開始

商品が到着したらすぐ利用できます。

付属品や、説明書、契約書など大事なものはファイリングして大切にしまっておくようにしましょう。

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ◀次はコチラ
▼家具レンタルおすすめ一覧へ

まとめ

家具レンタルは、進学や就職、単身赴任など、これから一人暮らしを始める人にとってとても便利なサービスです。

こうしたサービスを利用することで、新生活にかかる初期費用をおさえることができます。

利用にあたっては、後からトラブルにならないように、この記事で紹介したことを踏まえて各サービスの内容を比較検討するようにしましょう。

特に、配送料、設置料といったレンタルにかかる料金とは別にかかる費用や、途中解約をした場合の費用などは自分でしっかり確認しましょう。

自分にあった家具レンタルサービスを見極めて、快適な生活を送りましょう。

目次:この記事の内容

  1. 家具レンタルとは?
  2. 家具レンタルのメリット
  3. 家具レンタルのデメリット
  4. 家具レンタルおすすめ人気ランキング
  5. 家具レンタルサービスの選び方
  6. 家具をレンタルするまでの流れ4ステップ
  7. まとめ
▼家具レンタルおすすめ一覧へ
\ SHARE /