ハンドミキサーおすすめ人気ランキング20選!有名ブランド品から安いものまで徹底比較

ハンドミキサーおすすめ人気ランキング20選!有名ブランド品から安いものまで徹底比較

自分に合ったハンドミキサーの選び方

1.片手で使っても疲れない重さを選ぶ

ハンドミキサーの重さを測るために使用する天秤

片手で使っても疲れにくい重さのハンドミキサーを選びましょう。

基本的に、1kg未満のものがおすすめです。

2.作りたいものに合わせて速度調節機能を選ぶ

ハンドミキサーの速度調節機能の細かさをイメージした星の数

作りたいものに合わせて、速度調節機能の細かさを選びましょう。

速度を細かく調節できると、さまざまな調理に対応できます。

3.耐久性と静音性のどちらを優先するかでビーターの素材を選ぶ

ハンドミキサーのビーターの素材の2つで悩んでいる様子

ビーターとは、泡立て部分のパーツのことです。

【耐久性を重視したい】
→丈夫で長持ちする『ステンレス』がおすすめ

【静音性を重視したい】
→ボウルに当たったときの音が小さい『プラスチック』がおすすめ

4.使い方や気にするポイントに合わせて収納方法を選ぶ

ハンドミキサーを収納するキッチン

【頻繁に使う、さっと準備したい】
→本体にビーターとコードを収納できる『セット型』がおすすめ

【たまに使う、汚れやホコリが気になる】
→付属のケースなどにビーターとコードを収納できる『ケース型』がおすすめ

5.作りたいものに合わせて消費電力と定格時間を選ぶ

ハンドミキサーの定格時間を示す時計

作りたいものに合わせて、消費電力と定格時間を選びましょう。

キメ細かい泡などを作りたいなら、消費電力が大きく、定格時間が長いものがおすすめです。

ハンドミキサーのランキング基準

モノシルでは、実際に商品を使って評価しています!

検証のためにハンドミキサーで作ったメレンゲの泡
ハンドミキサーの検証結果を紙に書いている女性
検証のためにハンドミキサーで作ったメレンゲのキメ細かい泡
ハンドミキサーの検証結果を書いた紙
検証のためにハンドミキサーで作ったメレンゲの泡

モノシル編集部員が各商品を使ってメレンゲを作り、キメ細かい泡になるまでの時間を計測・比較。この検証結果をもとに、泡立てやすさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

検証のためにハンドミキサーで作ったメレンゲのキメ細かい泡

検証1で泡立てたメレンゲのキメ細かさを商品ごとに検証・比較。この検証結果をもとに、泡のクオリティをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

ハンドミキサーの検証結果を紙に書いている女性

モノシル編集部員が実際に使い「片手で使っても疲れにくい重さか」「握りやすいグリップか」などの観点から、持ちやすさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

ハンドミキサーの検証結果を書いた紙

使用後に洗ってみて、各商品の手入れのしやすさを検証・比較。さらに「食洗機に対応しているか」などの観点から、洗いやすさをS>A>B>C>Dの5段階で評価しています。

データがうまく取得できませんでした…エラー報告をいただけると嬉しいです。

あなたに合ったハンドミキサーの選び方:5つのポイント

ハンドミキサーの5つのポイントを示す数字の5

ここからは、あなたに合ったハンドミキサーを選ぶための"5つのポイント"を紹介します。

  1. 片手で使っても疲れない重さを選ぶ
  2. 作りたいものに合わせて速度調節機能を選ぶ
  3. 耐久性と静音性のどちらを優先するかでビーターの素材を選ぶ
  4. 使い方や気にするポイントに合わせて収納方法を選ぶ
  5. 作りたいものに合わせて消費電力と定格時間を選ぶ

選び方1:片手で使っても疲れない重さを選ぶ

ハンドミキサーの重さを測るために使用する天秤

まずは、片手で使っても疲れにくい重さのハンドミキサーを選びましょう!

というのも、片手で数十秒〜数分操作するため、重いとすぐに腕が疲れてしまうからです。

基本的に、1kg未満のものが扱いやすくておすすめ◎

また、女性や力の弱い人には、800g未満のコンパクトなものがおすすめですよ!

この記事では、各商品の重量を明記しているので、しっかりチェックしてくださいね。

選び方2:作りたいものに合わせて速度調節機能を選ぶ

ハンドミキサーの速度調節機能の細かさをイメージした星の数

次は、作りたいものに合わせて速度調節機能の細かさを選びましょう!

速度を細かく調節できると、さまざまな調理に対応できますよ。

例えば、お菓子を作りたいなら、速度を3段階以上に調節できるものがおすすめです!

また、繊細な舌触りが求められるメレンゲなどを作りたいなら、5段階以上に調節できるものがおすすめ◎

公式サイトやAmazonなどの商品ページに記載があるので、忘れずに確認しましょう!

選び方3:耐久性と静音性のどちらを優先するかでビーターの素材を選ぶ

ハンドミキサーのビーターの素材の2つで悩んでいる様子

ビーターとは、泡立て部分のパーツのことです。

素材によって耐久性や静音性などが異なるので、以下を目安に選びましょう!

  • ステンレス
    特徴:丈夫で長持ちする。重い材料でも混ぜやすい。ただし、ボウルに当たると金属音が鳴る
    おすすめの人:耐久性を重視したい人、重い材料を混ぜたい人
  • プラスチック
    特徴:ボウルに当たったときの音が小さい。軽いので扱いやすい。ただし、重い材料を混ぜるのには不向き
    おすすめの人:静音性や扱いやすさを重視したい人

この記事では、各商品のビーターの素材を明記しています。

商品を選ぶ際に、ぜひ参考にしてくださいね!

選び方4:使い方や気にするポイントに合わせて収納方法を選ぶ

ハンドミキサーを収納するキッチン

使い方や気になるポイントに合わせて、ビーターとコードの収納方法を選びましょう!

なぜなら、収納方法によって使い勝手が異なるからです。

以下に詳しくまとめたので、チェックしてみましょう!

  • セット型
    特徴:本体の側面などに、ビーターとコードを収納できる
    おすすめの人:頻繁に使う人、さっと準備したい人
  • ケース型
    特徴:付属のケースなどに、ビーターとコードを収納できる
    おすすめの人:たまに使う人、汚れやホコリが気になる人

こちらの情報も、商品ごとに明記していますよ!

選び方5:作りたいものに合わせて消費電力と定格時間を選ぶ

ハンドミキサーの定格時間を示す時計

ハンドミキサーを選ぶ際は、消費電力と定格時間にも注目しましょう!

なぜなら、消費電力の大きさや定格時間の長さによって向いている調理が異なるからです。

例えば、キメ細かい泡などを作りたい場合は、消費電力が大きく、定格時間が長いものを選びましょう。

なお、消費電力が小さいものほど、軽量で値段が安い傾向がありますよ。

こちらの情報も明記しているので、購入前にしっかり確認してくださいね!

まとめ:おすすめのハンドミキサーを使ってお菓子作りを楽しもう!

ハンドミキサーを使って作った料理

あなたに合いそうなハンドミキサーは見つかりましたか?

自分に合ったハンドミキサーを選ぶと、お菓子などを作るのがより楽しくなりますよ!

モノシル編集部が徹底検証・比較しているので、迷ったら1位のハンドミキサーを試してくださいね!