鉄フライパンのおすすめ15選!【初心者も安心!使い方も徹底紹介】

おすすめの鉄製フライパンのイメージ

「鉄のフライパンって、良いらしいけど…実際はどうなのかな?」
「使い方や手入れが大変って聞くけど、どれくらい大変なのかな…」
「おすすめの鉄製フライパンって、何があるの?」

鉄のフライパンについて、こんな悩みを持つ人はいませんか?

鉄製フライパンは、”料理が美味しく仕上がって、長く使い続けられる”ことから、プロの料理家に人気です。

しかも最近では、料理を美味しく仕上げたい一般家庭でも、人気が高くなっています。

”料理を美味しく仕上げたい人”、”フライパンを何度も買い替えたくない人”は、鉄製フライパンがおすすめですよ!

「手入れが、メンドウなんじゃないの…?」という不安の声はありますが、ポイントを正しく理解すれば、お手入れはカンタンにできるんです。

この記事では、鉄のフライパンの良い点や悪い点、どのような人におすすめなのかを、徹底紹介していきます。

さらに、おすすめの鉄製フライパン15選や使い方、手入れの方法も紹介しますよ!

この記事を読めば、鉄フライパンを安心して使い始められます。

ぜひ最後までご覧ください!

鉄フライパンの特徴とは?

鉄製フライパンのイメージ

まずは、”鉄フライパンとは、どのような特徴があるのか”簡単に見ていきましょう。

鉄フライパンの特徴を、良い点と悪い点でまとめると、次のようになります。

鉄フライパンの良い点鉄フライパンの悪い点
・料理が美味しく仕上がる
・長く使い続けられる
・鉄分を摂取出来る
・重い
・サビつかないように管理が必要
・使い方がメンドウ
・油が必要

ここからは、以上の鉄フライパンの良い点・悪い点を、順番に説明していきます。

まずは、鉄フライパンの良い点から詳しく紹介していきますね!

鉄フライパンの良い点・魅力とは?

さきほど、チラッと紹介したとおり、鉄フライパンには多くの良い点があります。

ここからは、鉄フライパンの良い点について、詳しく紹介していきますね。

鉄フライパンの主な3つの良い点が、こちらです。

  1. 料理が美味しく仕上がる
  2. 長く使い続けられる
  3. 鉄分を摂取できる

順番に見ていきましょう!

鉄フライパンの良い点1:料理が美味しく仕上がる

鉄製フライパンで料理を美味しく仕上げられるイメージ
鉄製フライパンの良い点として、1番に挙げられるのが”料理を美味しく仕上げられる”という点です。

では、なぜ鉄製フライパンで作ると美味しくなるのか…

その理由を2つ紹介しますね。

  1. 熱が伝わりやすいから
  2. 強火で使えるから

(1)熱が伝わりやすいから

鉄フライパンを使うと、料理が美味しくなる1つ目の理由は、”鉄は熱が伝わりやすいから”です。

食材に早く熱が伝わることで、短時間で調理することができます。
短時間で調理することによって、旨味が逃げずに、より美味しく仕上げられるというワケです。

しかも、短い時間で料理を出来るので、「うっかり目を離して、焦がしてしまった…」なんてことも、少なくなりますよ!

  • 熱が伝わりやすいから、旨味を逃さずに短時間で調理できる

(2)強火で使えるから

鉄フライパンを使うと、料理が美味しくなる2つ目の理由は、”強火で料理が出来るから”ですね。

鉄は、その他の金属と違って、高温でも変形しづらい材質です。
そのため、高い火力を使っても、変形を気にせず料理ができますよ。

強火で料理をすると、食材の表面をパリッとできます。
肉料理や炒め物が、お店のような美味しい仕上がりになりますよ!

ちなみに、一般的に使われている”テフロン加工のフライパン”は、加工が剥げないように中火以下で使わないといけません。
(みなさんの家にあるのも、ほとんどはテフロン加工のフライパンだと思います!)

そのため、鉄フライパンのように表面をパリッと仕上げたり、美味しそうな焦げ目をつけられないんです。

火力を活かして、美味しい料理を作るなら、鉄のフライパンが1番おすすめですよ!

  • 強火で調理できるから、食材の表面をパリッと仕上げられる

鉄フライパンを使うと、料理が美味しくなる理由が分かりましたね!

  1. 熱が伝わりやすいから
  2. 強火で使えるから

続いては、”鉄フライパンが長く使い続けられる理由”を説明していきます。

鉄フライパンの良い点2:長く使い続けられる

鉄製のフライパンは、一般的なテフロン加工のフライパンと違って、しっかり手入れをすれば、長く使い続けられます。

長く使い続けられる理由は、次の3つですよ。

  1. キズに強いから
  2. 使うほど油がなじんで、焦げ付かなくなるから
  3. 焦げても再生出来るから

順番に詳しく説明していきますね!

(1)キズに強いから

鉄フライパンが長く使い続けられる1つ目の理由は、キズに強いからです。

鉄は、密度の高い頑丈な金属なので、キズに強いですよ。
そのため、キズがついて、錆びやすくなったり、表面が削れて凸凹(でこぼこ)になったりしません。

金属ヘラはもちろん、金属たわしも問題なく使えますね!

キズに強く、汚れをゴシゴシ洗えるので、数十年にわたって清潔に使い続けられますよ。

  • キズに強く、汚れをゴシゴシ洗える

(2)使うほど油がなじんで、焦げ付かなくなるから

鉄フライパンは、使うほど油がなじむので、焦げ付かずに長く使い続けられますよ。

鉄フライパンには、テフロンやセラミックなど、焦げ付き防止のコーティングがありません。

しかし、鉄フライパンは、使用前後に油をなじませて、表面に油の膜を作ることで、焦げ付かずに使えるんです。

一般的なテフロン加工のフライパンは、コーティングが剥げると、焦げ付くようになりますが…
鉄フライパンは、使うほど焦げ付かなくなりますし、コーティングが剥げる心配もありませんよ!

育てていけば、半永久的に焦げ付かずに使えるので、長く使い続けられますよ!

  • 油の膜を作れば、焦げ付かない状態が続くから、長く使い続けられる

(3)焦げても再生出来るから

鉄フライパンは、もし焦げ付いても、再生して使い続けられるんです。

鉄フライパンは、コーティングがないので、料理のときに油が足りていないと焦げ付いてしまいます。

しかし、使用後に水を沸騰させてから、たわしでゴシゴシ洗えば、焦げをキレイに落とせるんです。

そして、次に使う時に油をしっかり使えば、また焦げ付かずに使えますよ。

一般的なテフロンのフライパンだと、焦げついてしまうと、コーティングを再生できません。
そのため、焦げ付かなさを再生できないので、買い替えが必要です。

鉄は、何度でも再生して使い続けられるので、長く使えますよ!

  • 焦げても、再生出来るから長く使い続けられる

鉄フライパンが、長く使い続けられる理由が分かりましたね!

  1. キズに強いから
  2. 使うほど油がなじんで、焦げ付かなくなるから
  3. 焦げても再生出来るから

続いては、”鉄フライパンで鉄分を摂取できる理由”を紹介します。

鉄フライパンの良い点3:鉄分を摂取できる

鉄製フライパンで料理をすると、鉄分を摂取できます。

これは、鉄フライパンで料理をするたびに、料理に鉄分が染み出てくるからなんです。

鉄分は貧血を防ぐ効果があります。
特に女性の場合、不足しがちな栄養素なので、簡単に摂取できるのは嬉しいポイントですよ!

使うだけで健康効果があるのも、鉄フライパンの良い点ですね。


いかがでしたか?

鉄フライパンには、次のような良い点がありましたね。

  1. 料理が美味しく仕上がる
  2. 長く使い続けられる
  3. 鉄分を摂取できる

以上のように良い点の多い鉄フライパンですが、一方で悪い点もあるんです。

そこで続いては、鉄フライパンの悪い点について紹介します。

鉄フライパンの購入を決める前に、悪い点も理解して、不安を解消しておきましょう!

鉄フライパンの悪い点・不安要素とは?

鉄のフライパンについて調べていると「重い、使い方が大変」など、悪い点が目に入って不安を感じるかもしれません。

そこで、ここからは鉄フライパンの悪い点について、まとめて紹介していきます。

  1. 錆びる
  2. 重い
  3. 使うのに手間がかかる
  4. 油が増える

この4つの悪い点には、人によっては気にならない点があります。

それぞれを見て、”あなたにとって悪い点なのか”チェックしてくださいね!

鉄フライパンの悪い点1:錆びる(サビる)

鉄製フライパンの悪い点、錆びたイメージ
鉄フライパンは、サビが発生しないように、気をつけて使用する必要があります。

そもそもサビとは、金属が空気に触れて酸化することで、発生するものです。
特に、鉄はサビが発生しやすい金属ですね。

サビは放置していると、フライパンの表面が凸凹(でこぼこ)になったり、剥がれた赤サビが料理に混じって、見栄えが悪くなったりしますよ。

サビは、人体に有害ではありませんが、鉄フライパンを買う場合は、サビないように手入れをすることが大切ですね。

もしサビが出た場合は、水でぬらした後に、たわしなどでこすれば、すぐに落とせます。

また、基本的には、2〜3日に1度くらいの使用頻度があって、しっかり水気を切って保管していれば、サビる可能性は少ないですよ。

長く放置したり、水気を切らずにおいたりと、誤った使い方をしなければ、気にする必要はありませんね。

  • 鉄はサビやすい
  • サビがあっても人体に影響はない
  • 簡単に洗い落とせるから、あまり気にする必要はない

もしも、サビが気になる人は、サビつかないステンレス製のフライパンがおすすめですね。

ステンレス製フライパンのイメージステンレス製フライパンのおすすめ10選!使い方と手入れ方法も徹底解説

鉄フライパンの悪い点2:重い

鉄フライパンの悪い点として、よく目にするのが”重い”という問題についてです。

鉄は、密度の高い金属なので、重さがあります。
大きさにもよりますが、一般的な24cm〜26cmサイズのもので、軽くても1,000g(=1kg)程はありますね。

フライパンを振ったり、持ち上げたりする料理には向いていません。

ただし、実際のところ、料理の中でフライパンを持ち上げる機会は、それほど多くありませんよ。
美味しく仕上がる点や、長持ちする点などの良い点を重視する人にとっては、許容できる範囲の問題かもしれませんね。

  • 鉄フライパンは重いものが多い
  • 一般的なサイズでは、軽くても1,000g程度ある
  • フライパンを振る料理には向いていない

もし、もっと軽さを重視してフライパンを選びたい人は、アルミニウム製のフライパンがおすすめですよ。

鉄フライパンの悪い点3:使うのに手間がかかる

重さと並んで、鉄フライパンの悪い点として挙げられるのが、”使うときの手間”についてです。

記事の後半で、鉄フライパンの詳しい使い方を紹介しますが、特徴的な工程は次の3つです。

  1. 購入後に30分ほど空焚きをする”焼入れ”が必要
  2. 使用前に温めて、油を敷く必要がある
  3. 使用後は洗剤を使わずに洗って、水気を切ったら油を塗る

鉄フライパンは、以上のような手間があります。

1つ目の”焼入れ”は、購入後の1回だけで済みますが、その他の2つは、料理のたびに行う必要があるんです。

一般的な、テフロン加工のフライパンと比べると、手入れの手間は増えてしまいますね。

ただし、さきほど紹介したように、鉄フライパンは手入れをすることで長く使い続けられます。

手間がかかっても、料理の仕上がりの美味しさや、長く使えることを重視したい人には、鉄フライパンがおすすめですよ。

  • 一般的なフライパンより、使う工程が3つ増える
  • 手入れをして長く使い続けたい人は、鉄フライパンがおすすめ

毎日の手入れの手間を減らして、簡単に料理をしたい人は、加工されたフライパンがおすすめですね。

こちらの記事で、加工されたフライパンを紹介しています。
気になる人は、確認してくださいね。
フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!】フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!】

鉄フライパンの悪い点4:油が増える

鉄フライパンの悪い点、4つ目は、使う油の量が増えてしまうことです。

鉄製フライパンを使う時は、焦げ付かせずに使うために、油で表面に膜を作る必要があります。

油を多く使うので、油の消費量は一般的なテフロン加工のフライパンより、多くなってしまうんです。

ただし、油は膜を作るために使われるので、カラダへの摂取量は増えません。
(”食材が油まみれになる”なんてことは、もちろんないですよ!)

油の使用量は多いですが、摂取する量は、「油を極力とりたくない!」という人でなければ、あまり気にする必要はありません!

  • 鉄フライパンは油の使用量が多い
  • 食材が油まみれになることはない
  • 油の摂取を控えたい人には、おすすめできない

油を控えたい人は、鉄フライパンではなく、テフロンで加工されたフライパンがおすすめですよ。

フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!】フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!】

いかがでしたか?

鉄フライパンの悪い点について、説明しました。

  1. 錆びる
  2. 重い
  3. 使うのに手間がかかる
  4. 油が増える

なんとなく不安に思っていた点が、自分にとって問題あるのか、ないのかハッキリしたかと思います。

ここまで見てきたとおり、鉄フライパンには良い点があれば、悪い点もあります。
鉄フライパンの悪い点が気にならなかった人は、このまま読み進めて、お気に入りの鉄フライパンを見つけてくださいね。


「私には、鉄フライパンは合ってなさそう…」と思った方は、他の素材のフライパンを選んでみましょう。

こちらの記事では、様々な素材のフライパンをランキング形式で紹介しています。
あなた好みのフライパンを見つけてくださいね!

フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!】フライパンおすすめ人気ランキング30選!【焦げ付かない・長持ち!】

鉄製フライパンのおすすめ料理

鉄フライパンの良い点、悪い点が分かったところで…

実際に、どのような料理を作るのに向いているのか、鉄製フライパンのおすすめ料理を紹介します!

鉄フライパンが得意な料理は、ずばり”外はカリッと、中はジューシーにしたい料理”です。

例えば、次のような料理が得意です。
あなたの作りたい料理をイメージしながら、見ていってくださいね!

  1. ステーキ
  2. パンケーキ
  3. 餃子

順番に見ていきましょう。

(1)ステーキ

おすすめの鉄製フライパンでステーキを焼くイメージ

鉄フライパンでおすすめの料理といえば、なんと言ってもステーキです!

強火で焼き上げることで、外は程よいパリッと感、中は肉汁を逃さずジューシーに仕上がります。

一部分だけ焼けすぎてしまったり、生っぽくなったりと、失敗しがちなステーキですが…

鉄フライパンなら、カンタンに全体を均等な焼け具合にできますよ!

これまでのフライパンとの違いを実感できるので、鉄フライパンを買うなら、絶対に作って欲しい料理ですね。

(2)パンケーキ

鉄フライパンは、均一に熱を通す料理が得意です。

その持ち味を活かせる料理の1つが、パンケーキですよ!

鉄フライパンは保温性が高いので、一度あたためたあとは弱火で作れます。

弱火で作ると、生地が焦げづらく、外はカリッと中はフワフワに仕上がりますよ。

鉄フライパンを買ったら、ぜひ作ってみてくださいね!

(3)餃子

おすすめの鉄製フライパンで餃子を焼くイメージ

美味しい餃子を作りたいなら、鉄製フライパン一択です。

ちなみに、専門店で使われている、餃子専用フライパンも鉄製ですよ。

短時間で焼き上げることで、美味しそうな焼き目を作りつつ、肉汁を逃さない調理ができるんです。

家庭でもカンタンに、皮はパリッと、中はジューシーというお店のような餃子が作れますよ!

餃子好きの人は、鉄製フライパンを買って、美味しい餃子作りにチャレンジしましょう!


以上のような料理をはじめ、”焼く料理”をする機会の多い人は、鉄製フライパンがおすすめですよ。

料理の仕上がりがワンランク上がるので、鉄製フライパンを手に入れて、ぜひ実感してくださいね。

続いては、いよいよ鉄製フライパンのおすすめ15選を紹介していきます!

おすすめの鉄フライパン15選

ここからは、モノシル編集部おすすめの鉄製フライパンを紹介します。
全部で15種類の鉄製フライパンを、人気や、値段の安さ、軽さなど気になる項目ごとにまとめて紹介していきますよ。

  • 質の高さが人気の5選
  • 値段の安さが魅力の4選
  • 軽さが魅力の4選
  • 個性的な特徴がある2選

その前に、”あなたにあった鉄フライパンを選ぶポイント”を簡単に紹介しますね。

自分にあった鉄フライパンの選び方

ここからは、選び方について紹介しますよ。
自分にあう鉄フライパンを選ぶには、次のポイントに注目しましょう。

  • 値段・価格が自分の予算とあうか
    編集部調べでは、コスパが良い鉄フライパンが多いのは、4,000円前後の価格帯です。
    10,000円以上の高級品も紹介しますが、この相場を基準に、自分の予算と合わせて選びましょう。
  • 重さは扱いやすい範囲か
    1,000g前後の重さが一般的です。
    軽いほうが扱いやすいので、基準の重さに対して、軽いのか・重いのかチェックして選びましょう。
  • IHに対応しているか
    ガス(直火)専用のものは、IHで使用することができません。
    「絶対にガスしか使わない!」という人以外は、IH対応のものを選べば、いざという時も買い替える必要がなくなりますよ。

商品ごとの特徴を説明する中で、以上のポイントについても紹介します!

フライパンごとに、おすすめの人も紹介するので、ぜひ参考にして選んでくださいね。

  • 質の高さが人気の5選
  • 値段の安さが魅力の4選
  • 軽さが魅力の4選
  • 個性的な特徴がある2選

早速、人気フライパンから紹介します!

質の高さが人気の秘密!おすすめ鉄フライパン5選

まずは、鉄フライパンの愛好家の中で人気が高い、おすすめフライパン5選を紹介します。

  1. 柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工 25cm
  2. turk社 クラシックフライパン 24cm
  3. coco 極 SONS 鉄 プレミア 26cm
  4. デバイヤー ミネラルビー エレメント 24cm
  5. 山田工業所 打出し 鉄フライパン 26cm

1つずつ詳しく紹介していきますね!

(1)柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工 25cm

戦後の工業デザインを支えたデザイナー『柳宗理』がデザインした、鉄製フライパンです。

サビに強いブルーテンパー材を使うことで、鉄の弱点である”サビやすさ”を解消したフライパンです。

“ファイバーライン加工”という、表面を凸凹にする加工方法によって、油がなじみやすく、焦げ付きやすさも解消しています。

サビや焦げ付きの心配が少ないので、鉄フライパンの初心者におすすめですよ!

  • 鉄製フライパンの初心者の人

商品情報

  • メーカー名:柳宗理
  • 値段:¥4,163
  • 重さ:1080g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(2)turk(ターク)社 クラシックフライパン 24cm

19世紀のドイツでうまれた『turk社』の、ロングセラー商品です。

底面が非常に厚く、温度が下がりづらいので、食材の水分をよく飛ばしてくれます。
そのため、ステーキなどの肉料理をつくると、旨味の凝縮した美味しい仕上がりになりますよ!

値段は高いですが、ステーキが好きな人は、ぜひ使ってほしい鉄フライパンです。

  • ステーキなど、肉料理を美味しく仕上げたい人

商品情報

  • メーカー名:turk社
  • 値段:9,380円
  • 重さ:1,300g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(3)coco 極 SONS 鉄 プレミア 26cm

リバーライト社の”極シリーズ”を受け継いだ、『株式会社ここ』の鉄フライパンです。

最大の特徴は、なんといっても”取っ手がない”という点ですね。
(取っ手は、別売りで購入できますよ!)

取っ手を外すことで、オーブンやグリルでも使えます。

さらに、取っ手が邪魔にならないので、そのまま食卓に出すなんて、おしゃれなこともできますよ!

収納にも便利です!
機能性の高いフライパンが欲しい人に、おすすめのフライパンですね。

  • オーブンやグリルを使用したい人
  • 収納しやすい鉄フライパンが欲しい人

商品情報

  • メーカー名:株式会社ここ
  • 値段:6,676円
  • 重さ:1,457g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(4)デバイヤー ミネラルビー エレメント 24cm

1830年創業のフランスの老舗メーカーが作った、高品質でおしゃれなフライパンです。

ブランド名である”ミネラルビー”は、フライパンの表面に塗られた、ミツバチが作る天然のロウ(ワックス)が由来となっていますよ。

防錆(ぼうさび)用のコーティングなので、料理で使う前に取り除く必要があります。
しかし、取り除き切れなくても、天然の成分なので体に害はありませんよ。

使い込んでいくと、徐々に油がしみていき、銀色から黒色に変化していきます。
育てていく過程を、見た目でも楽しめる1品ですよ。

鉄フライパンを長く使っていきたい人に、おすすめです。

  • オーガニック志向の人
  • 長く使い続けられる鉄フライパンを探している人

商品情報

  • メーカー名:deBUYER(デバイヤー)
  • 値段:4,766円
  • 重さ:1,424g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(5)山田工業所 打出し 鉄フライパン 26cm

『打出し式』と呼ばれる、1枚の鉄板を5,000回以上ハンマーで叩いて作る、日本で唯一の製法で作られています。

手間も時間もかかりますが、手作業で行うことで、表面に凸凹ができて、油が馴染みやすくなるんです。

さらに、部分によって、厚くしたり薄くしたりと調整することで、熱の伝わりやすい鉄フライパンに仕上げています。

手間をかけて作られた、高品質なフライパンが、4,000円ほどで買えるのは魅力的ですよ!

高品質で、コスパの良い鉄フライパンが欲しい人におすすめです。

  • 職人技が感じられる手作りの鉄フライパンが欲しい人
  • 高品質でコスパの良い鉄フライパンが欲しい人

商品情報

  • メーカー名:山田工業所
  • 値段:3,951円
  • 重さ:1,375g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

いかがでしたか?

高品質で人気の高い鉄フライパン5選を紹介しました。

ここで一度、振り返りましょう!

  1. 柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工 25cm
  2. turk社 クラシックフライパン 24cm
  3. coco 極 SONS 鉄 プレミア 26cm
  4. デバイヤー ミネラルビー エレメント 24cm
  5. 山田工業所 打出し 鉄フライパン 26cm

「どれにするか決められなかった…」という人は、『柳宗理』のフライパンを選びましょう。

独自の加工で、サビに強く焦げ付きづらい鉄フライパンです。
鉄フライパンの初心者向けなので、おすすめですよ!

値段の安さが魅力の鉄フライパン4選

続いては、「はじめての鉄フライパンは、値段が安いものを試したい!」という人向けに、安さが魅力の鉄フライパンを紹介します。

入門編とするのにはもったいない、質の良いものを紹介しますよ!

  1. 和平フレイズ 燕三 26cm
  2. 遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン 26cm
  3. LODGE (ロッジ) スキレット 6 1/2インチ(16cm)
  4. タクミジャパン 匠 マグマプレート フライパン 24cm

1つずつ詳しく紹介していきますね!

(1)和平フレイズ 燕三 26cm

『和平フレイズの燕三』は、世界レベルの鍛冶技術で有名な、新潟県燕三条で作られた鉄製のフライパンです。

2,000円以下という値段の安さに加えて、様々な使いやすい特徴がありますよ。

食材がこぼれにくいように、少し深めに設計されている点や、握っても熱くならないように、取っ手は木製となっている点があります。

安くて、使いやすいコスパの良い鉄フライパンなので、はじめて鉄フライパンを買う人におすすめですよ。

  • 安い鉄フライパンが欲しい人
  • はじめて鉄フライパンを買う人

商品情報

  • メーカー名:和平フレイズ
  • 値段:¥1,669
  • 重さ:1,170g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(2)遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン 26cm

ホテルやレストランの業務用キッチン用品を扱っている、『遠藤商事』のフライパンです。

国産で品質が高いプロ仕様のフライパンを、お手頃な値段で購入できますよ。

特徴は、プロの料理人に人気の”黒皮鋼板”という種類の鉄が使われている点です。
サビに強く、油がなじみやすいので、使い勝手が良いですよ!

16cmから45cmまで、サイズ展開が13種類もあるので、あなたにあったサイズを選びやすいです。

安くてサビに強い鉄フライパンが欲しい人に、おすすめですね!

  • 安くてサビに強い鉄フライパンが欲しい人
  • サイズを細かく選びたい人

商品情報

  • メーカー名:遠藤商事
  • 値段:1,873円
  • 重さ:1,330g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(3)LODGE (ロッジ) スキレット 6 1/2インチ(16cm)

1896年創業の『LODGE社』は、アメリカの代表的な調理器具メーカーです。

キャンプやグランピングのブームと共に、人気が高くなってきているメーカーですね。

深さがあるので、焼くだけでなく、煮る・蒸すといった料理も得意です。

また、ならし作業済みで出荷されているので、購入した後は、軽く洗うだけで使い始められますよ!

アウトドアが好きな人はもちろん、ならし作業がめんどくさい人にもおすすめです。

  • アウトドア、キャンプが好きな人
  • ならし作業をしたくない人

商品情報

  • メーカー名:LODGE(ロッジ)
  • 値段:2,041円
  • 重さ:1,000g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(4)日本洋食器 匠 マグマプレート フライパン 24cm

1955年創業の日本の老舗メーカーが作った鉄フライパンです。

特徴は、”マグマプレート材”という、鉄の表面を凸凹にした素材を使用している点ですね。

油が凹面に入って、なじみやすく、食材は凸面で支えて焦げづらくなるので、使いやすいですよ!

さらに、この鉄フライパンは1,000g以下という軽さも特徴的です。

鉄フライパンの悪い点を、すべて対策してつくられているので、鉄フライパンに苦手意識がある人におすすめですね。

  • 鉄フライパンに苦手意識がある人
  • 鉄フライパンを使い慣れていない人

商品情報

  • メーカー名:日本洋食器株式会社
  • 値段:3,666円
  • 重さ:971g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

いかがでしたか?

安さが魅力の鉄フライパン4選を紹介しました。

ここで一度、まとめて振り返りましょう!

  1. 和平フレイズ 燕三 26cm
  2. 遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン 26cm
  3. LODGE (ロッジ) スキレット 6 1/2インチ (16cm)
  4. タクミジャパン 匠 マグマプレート フライパン 24cm

「どれも良さそうで、どれを買うか決められなかった…」という人は、使い勝手が良く、初心者向けの『和平フレイズ 燕三 26cm』を選びましょう。

2,000円以下というお手頃価格で手に入る、本格的な鉄フライパンですよ!

軽さが魅力の鉄フライパン4選

続いては、重さが問題点である鉄フライパンの中でも、1,000g以下の軽いものを紹介しますよ。

軽さを実現するために、技術を使ったこだわりのフライパンを選びました。

鉄フライパンの重さが不安だった人は、ぜひ次の4つから選んでくださいね!

  1. リバーライト 極 ジャパン 26cm
  2. FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm
  3. ビタクラフト(VitaCraft) スーパー鉄フライパン 26cm
  4. 魔法のフライパン 26cm

1つずつ詳しく紹介していきますよ!

(1)リバーライト 極 ジャパン 26cm

鉄フライパンにこだわり続ける日本のメーカー、リバーライトの鉄フライパンです。

特殊熱処理をしており、通常より耐久性の高い鉄になっています。
そのため、サビに強く、油がなじみやすいですよ。

さらに、26cmというサイズなのに、948gという軽さです!
取っ手も木製なので、握りやすいですよ。

軽くて、耐久性の高い鉄フライパンを使いたい人におすすめです!

  • 軽くて、耐久性の高い鉄フライパンを使いたい人

商品情報

  • メーカー名:リバーライト(Riverlight)
  • 値段:¥6,400
  • 重さ:948g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(2)FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm

新潟県の燕三条の職人技術を使った、『FD STYLE』のフライパンです。

鉄を酸化、窒化させた『OXYNIT加工』によって、一般的な鉄フライパンよりも、サビに強く丈夫で、油なじみが良くなっています。

さらに、防錆のコーティングがされていないので、購入したあとにも”焼入れ”をする必要がありません。

また、取っ手は、別の金属なので、熱が伝わって熱くなることはありませんよ!

少し値段は高めですが、軽くて使い勝手の良いフライパンが欲しい人におすすめです。

  • 軽くて使い勝手の良い鉄フライパンが欲しい人

商品情報

  • メーカー名:FDstyle
  • 値段:8,100円
  • 重さ:975g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(3)ビタクラフト(VitaCraft) スーパー鉄フライパン 26cm

アメリカの老舗メーカー『ビタクラフト』のフライパンです。

大型の船のサビ防止にも使われる”窒化4層加工”がされていて、サビにくく、頑丈になっています。

また、窒化加工によって、表面が凸凹になっていて、油が吸着しやすく焦げ付きの心配も少ないですよ!

さらに、”焼入れ”や洗った後の油ならしも必要ないので、手間のかからない鉄フライパンです。

鉄フライパンの手入れが不安だった人に、おすすめですよ!

  • 鉄フライパンの手入れが不安だった人

商品情報

  • メーカー名:ビタクラフト(VitaCraft)
  • 値段:6,908円
  • 重さ:962g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(4)魔法のフライパン 26cm

三重県にある錦見鋳造製の、『魔法のフライパン』です。

特徴は、約40秒で表面温度が200℃まで上がる、熱効率の良さですね。
一般的な鉄フライパンよりも20秒ちかく早く温まりますよ。

また、26cmのフライパンの中では、トップクラスの912gという軽さも魅力的です。

チャーハンなどのフライパンを振る料理も得意なので、使い勝手が良いですよ!

人気商品で、品薄状態のことが多いのですが、一生モノの鉄フライパンを手に入れたい人におすすめの1本です。

  • 軽くて、熱効率の良い使いやすい鉄フライパンが欲しい人

商品情報

  • メーカー名:錦見鋳造
  • 値段:14,750円
  • 重さ:912g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

いかがでしたか?

どの鉄フライパンも、軽いだけでなく、丈夫さや熱効率の良さなどの特徴をもったフライパンでしたね。

もう一度、まとめて確認しておきましょう。

  1. リバーライト 極 ジャパン 26cm
  2. FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm
  3. ビタクラフト(VitaCraft) スーパー鉄フライパン 26cm
  4. 魔法のフライパン 26cm

もし、どれを選ぶべきか決められなかった人は、値段が比較的安く、耐久性も高い『リバーライト 極 ジャパン 26cm』がおすすめですよ!

個性的な特徴がある鉄フライパン2選

最後に、特徴的な2つのフライパンを紹介します。

鉄フライパンをすでに使っていて、別タイプのフライパンも持ちたい人は、こちらから選んでみるのもおすすめですよ。

  1. 和平フレイズ フライパン 餃子鍋 12×22cm
  2. 岩鋳 フライパン 24cm 南部鉄器

それでは、順番に見ていきましょう!

(1)和平フレイズ フライパン 餃子鍋 12×22cm

新潟県燕三条に拠点を置く『和平フレイズ』の、餃子や卵焼きを作るのに適した鉄フライパンです。

餃子や玉子焼きを1人前作るのに、ちょうど良い大きさです。

四角い形で、油の無駄使いもなく、効率的に調理できますよ。

餃子や玉子焼きを作る機会が多い人に、おすすめです!

  • 餃子や玉子焼きを作る機会が多い人

商品情報

  • メーカー名:和平フレイズ
  • 値段:¥2,880
  • 重さ:805g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

(2)岩鋳 フライパン 24cm 南部鉄器

1902年創業の南部鉄器メーカー『岩鋳』のフライパンです。

南部鉄器とは、岩手県南部の鉄器共同組合連合会の加盟業者によって作られている、伝統工芸品の鉄器のことです。

性質的には、一般的な鉄フライパンと同じですが、分厚いつくりのため、さらに保温性が高いですね。

焼きムラがなく料理を作れるので、カンタンに料理のレベルが上がりますよ!

ただし、重さが2kgと非常に重たいです。
男性でも振るのは大変な重さなので、購入するときには重さのことを考えて選びましょう。

料理を美味しく仕上げられる、伝統的なフライパンが欲しい人におすすめです。

  • 料理を美味しくしあげたい人
  • 重いフライパンでも問題ない人

商品情報

  • メーカー名:岩鋳(いわちゅう)
  • 値段:3,800円
  • 重さ:2,000g
  • IH対応/ガス対応:IH・ガス両方(オール)熱源対応

いかがでしたか?

どちらも特徴のある鉄フライパンでしたね。

改めて、確認しておきましょう。

  1. 和平フレイズ フライパン 餃子鍋 12×22cm
  2. 岩鋳 フライパン 24cm 南部鉄器

クセが強いので、1本目の鉄フライパンとしては、おすすめできませんが、鉄フライパンが気に入った人に、ぜひ試してほしいフライパンです!

鉄フライパンの使い方・手入れの仕方

あなたにあった鉄フライパンは見つかりましたか?

最後に、鉄製フライパンを購入した時に知っておきたい、”使い方・手入れの仕方”を紹介します。

実際に鉄フライパンを使う場面を4つに分けて、場面ごとに詳しく紹介していきますね。
使い方を理解して、お気に入りのフライパンを、長く使い続けましょう!

  1. 初めて使う時
  2. 料理をする時
  3. 洗う時
  4. 保管する時

場面1:初めて使う時

まずは、鉄フライパンを購入した後に、初めて使う時の手入れについて、説明します。

初めて使う時には、次の2つのことをしましょう。

  1. 焼入れをする
  2. 油ならしをする

順番に説明しますね。

(1)”焼入れ”をする

焼入れとは、防錆(ぼうさび)加工を焼き切ることです。

ほとんどの鉄フライパンは、出荷の段階で、表面にサビがつかないようにコーティングがされています。

このコーティングが残ったまま料理をすると、油がなじみづらく、焦げ付きやすくなってしまうんです。

焦げ付きにくいフライパンを育てるために、鉄フライパンを購入したら、まずは焼入れ(空焼き)をしましょう。

手順は次のとおりです。

  1. 中火で30分くらい何も入れずに焼く
  2. 煙が出て、全体が玉虫色(青緑っぽい色)になるまで火にかける
  3. 色が変わったら、冷めるのを待つ
  4. 指で触れるくらいに冷めたら、洗剤をつけたスポンジで洗う

この作業では、焼いた防錆加工の煙が多く出るので、必ず換気をしながら行いましょう。

焼入れが終わったら、次の”油ならし”に進みますよ!

(2)油ならしをする

”油ならし”とは、鉄フライパンの表面に油をぬりこんで、油の膜をつくることです。

油の膜をつくることで、フライパンを焦げ付きづらくできますよ。

”油ならし”は、先ほど紹介した”焼入れ”とセットでやるのが、おすすめですね。

なぜなら、焼入れをすることで、フライパンの表面に小さな穴がたくさんできた状態になっていて、油を吸着しやすくなっているからです。

気になる手順は、次のとおりですよ。

  1. 鉄フライパンの深さに対して、3分の1を目安に油を入れる
  2. 弱火で5分ほど加熱しながら、軽く動かして油をなじませる
  3. 5分経ったら油をオイルポットに戻す(もしくは捨てる)
  4. 残った油を、キッチンペーパーで伸ばしながら拭き取る

油がこぼれないように気をつけながら、作業してくださいね。

この作業が終わったら、使う準備は完了です!


初めて使うときの準備は、以上です。

  1. 焼入れをする
  2. 油ならしをする

確認ができたら、続いての”料理をする時”の手順を見ていきましょう!

場面2:料理をする時

続いて、料理をする時の手入れについて紹介します。

焦げ付かせずに、美味しい料理を作るためには、次の2つのことをしましょう。

  1. 油をつかう
  2. 予熱する

順番に説明していきますよ。

(1)油をつかう

まず、鉄フライパンで料理をする時は、油を全体にしきましょう。

先ほど紹介した”油ならし”をして、油膜を作っていれば、焦げ付きの心配は少ないです。
その油膜を補強するために、油をつかうことで、さらに焦げ付かなくなりますよ。

焦げ付かなければ、洗い物がカンタンです。

ケチらずに、油を全体になじませるのがポイントですよ!

(2)予熱する

油をしいたら、フライパンに火を通していきます。

予熱とは、調理を始める前に、フライパンを加熱しておくことです。

フライパンの温度が上がることで、食材をいれてもくっつきづらくなり、焦げ付かなくなりますよ。

油をしいていきなり食材を入れるのではなく、温めるのを忘れないようにしましょう。

熱が上がってから食材をいれれば、さらに焦げ付きにくくなります。

鉄は熱の伝わりが早いので、強火にかければすぐに予熱は完了しますよ。


料理の時にやるべきことは、以上です。

焦げ付かせずに、美味しい料理をつくるために、しっかり覚えておきましょう!

  1. 油をつかう
  2. 予熱する

場面3:洗う時

続いては、料理が終わった後の、洗い方について紹介します。

鉄フライパンは、間違った洗い方をすると、手入れの手間が増えてしまうんです。

紹介するポイントをチェックして、洗い方を覚えておきましょう!

  1. 料理のあとスグに、お湯で洗い流す
  2. 落ちなかった汚れは、たわしでゴシゴシ洗う
  3. 焦げ付き、汚れがひどい場合、水を入れて沸騰させる

順番に説明していきますね。

(1)料理のあとスグに、お湯で洗い流す

まず、基本の洗い方を説明します。

鉄フライパンは、料理が終わって皿に移したら、温かいうちにスグお湯で洗い流しましょう。

温かいうちに洗い流すと、汚れが落ちやすいんです。
パンケーキなどの料理なら、お湯で流すだけでも、キレイになりますよ!

  1. 余熱で焦げ付きやすくなるので、すぐに洗わない場合、お湯を入れておく
  2. 汚れが固まりやすくなるので、冷たい水は使わない

もし、お湯だけでは落ちない汚れがあった場合、次の洗い方を試しましょう。

(2)落ちなかった汚れは、たわしでゴシゴシ洗う

続いては、お湯で流すだけでは、汚れが落ちない場合の洗い方です。

予熱や油が十分でないと、食材がくっついて、汚れが残ることがあります。

その場合は、お湯でふやかした汚れを、金属たわしなどでゴシゴシ洗いましょう。

鉄はキズに強いので、思いっきり洗えます。

軽い焦げ付き、汚れくらいなら、これでキレイになりますよ!

  • なじんだ油が落ちるから、洗剤は極力使わない

もし、これでも落ちない汚れがある場合、次の洗い方を試しましょう。

(3)焦げ付き、汚れがひどい場合、水を入れて沸騰させる

最後に焦げ付き、汚れがひどい場合の洗い方を紹介します。

火にかけたまま放置してしまったり、油が足りていないと、焦げ付きがひどくなることがあります。

そんな時は、水と重曹を入れて、沸騰させましょう。
こうすることで、汚れがふやけて、落としやすくなります。

その後に、先ほど紹介したとおり、たわしでゴシゴシ洗って、汚れを落としましょう。

頑固な汚れも、これで落とせますよ!


いかがでしたか?

鉄フライパンの洗い方と、注意点について紹介しました。

正しい使い方をしていれば、頑固な汚れは発生しません。
もし、焦げ付かせてしまった時には、紹介した洗い方を参考に、しっかり汚れを落としましょう!

  1. 料理のあとスグに、お湯で洗い流す
  2. 落ちなかった汚れは、たわしでゴシゴシ洗う
  3. 焦げ付き、汚れがひどい場合、水を入れて沸騰させる

続いては、洗った後の保管方法について紹介します。

場面4:保管する時

最後は、洗い終わった鉄フライパンの保管方法について、紹介します。

きっちりとポイントを守って保管することで、より長持ちで、より使い勝手のいいフライパンに育ちますよ!

ポイントは、以下の3つです。

  1. 火にかけて水気をよく切る
  2. 油を塗る
  3. しばらく使わないときは、新聞紙につつんで乾燥状態を保つ

順番に説明していきますね。

(1)火にかけて水気をよく切る

鉄フライパンを洗い終わったら、火にかけて水分を飛ばして、水気をよく切りましょう。

もし、水分が残っていると、酸素と鉄が結びつきやすくなって、サビやすくなります。

キッチンペーパーなどで、拭き取る派の人もいますが、しっかり水分を取るためには、火にかける方が良いですよ。

また、使い勝手の良いフライパンを育てるためにも、火にかけるのが大切ですよ。
その理由は、続いての内容で紹介しますね。

(2)油を塗る

鉄製フライパンに油をぬるイメージ
火にかけて水気を切った鉄フライパンは、表面に油をぬっておきましょう。

これは、先ほど紹介した”油ならし”と同じで、鉄フライパンを焦げ付きづらくする目的です。

料理をしたり、洗ったりすることで減った油の膜を、油をぬることで補充しましょう。

ちなみに、事前に火にかけておくことで、表面に油がなじみやすくなります。

そのため、洗い終わった後のフライパンは、水気を取る時に火にかけるのが大切ですよ!

この作業をしっかり行うことで、焦げ付きづらく、使い勝手のいいフライパンに育ちます。
少し手間ですが、忘れずにやりましょう。

(3)しばらく使わないときは、新聞紙につつんで乾燥状態を保つ

1週間以上など、しばらく鉄フライパンを使わない場合は、サビないように保管するための対策が必要です。

キッチン周りは湿気が多いので、対策をしておくと、次に使うときに安心して使えますよ!

おすすめの対策は、新聞紙にくるんで保管する方法です。

新聞紙が湿気を吸収してくれるので、サビつかずに保管できますよ。

長く使う機会がない時は、しっかり対策しておきましょう。


鉄フライパンの保管方法について紹介しました。

少し手間はかかりますが、紹介したポイントを守ることで、一生使えるフライパンに育てられますよ!

しっかりポイントを確認して、鉄フライパンを長く使っていきましょう。

  1. 火にかけて水気をよく切る
  2. 油を塗る
  3. しばらく使わないときは、新聞紙につつんで乾燥状態を保つ

まとめ:おすすめの鉄フライパンで料理を楽しもう!

鉄製フライパンで料理を楽しむ夫婦
いかがでしたか?

鉄フライパンについて、特徴や使い方、おすすめ商品などを紹介しました。

この記事が、あなたのフライパン選びのお役に立てば嬉しいです。

もし、「最後までどの鉄フライパンを買うか、決められなかった」という人がいたら…

総合力が高く、お手頃価格の鉄フライパン『柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工 25cm』を検討してください!

家庭の料理の味が、ワンランク上がること間違いなしのフライパンですよ。

良質なフライパンを手に入れて、食生活を充実させましょう!